東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 中村・岡田研究室

助教 盛田大輝

  • HOME »
  • 助教 盛田大輝

盛田 大輝 (MORITA Taiki)

    盛田 大輝 【博士(理学)】
東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 助教
Researcher ID
Tel: 045-924-5245
E-mail
専門分野: 有機化学合成・有機金属化学

略歴

  • 2014年3月 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 卒業
  • 2016年3月 東京工業大学理工学研究科 応用化学専攻 博士前期課程 修了
  • 2017年3月 日本化学会第97春季年会 「学生講演賞」受賞
  • 2017年4月 日本学術振興会特別研究員 DC2
  • 2017年7月 野依フォーラム若手育成塾第3期生
  • 2017年9月〜2018年2月 米国Illinois大学シカゴ校 留学(Vladimir Gevorgyan教授)
  • 2019年3月 東京工業大学生命理工学院生命理工学系 博士後期課程 修了
  • 2019年4月 住友化学株式会社 研究員
  • 2019年9月 2019年度Chrafas賞受賞
  • 2020年4月〜 東京工業大学 科学技術創成研究院 助教

所属学会

  • 日本化学会
  • 有機合成化学協会

論文リスト researcher ID

  • “Generation of 4-Isoxazolyl Anion Species: Facile Access to Multifunctionalized Isoxazoles”, T. Morita, S. Fuse, H. Nakamura, Angew. Chem. Int. Ed. 55 (43), 13580-13584 (2016).
  • “Gold(I)-Catalyzed Intramolecular SEAr Reaction: Efficient Synthesis of Isoxazole-Containing Fused Heterocycles”, T. Morita, S. Fukuhara, S. Fuse, H. Nakamura, Org. Lett. 20 (2), 433–436 (2018).
  • “Aliphatic Radical Relay Heck Reaction at Unactivated C(sp3)–H Sites of Alcohols”, P. Chuentragool, D. Yadagiri, T. Morita, S. Sarkar, M. Parasma, Y. Wang, V. Gevorgyan (These authors contributed equally.) Angew. Chem. Int. Ed. 58 (6), 1794-1798 (2019).
  • “Photochemical Conversion of Isoxazoles to 5-hydroxyimidazolines”, T. Morita, S. Fuse, H. Nakamura, Org. Lett. accepted for publication.

学生への一言

いかに巧妙にデザインされた有望化合物も、当然ながら合成方法がなければこの世に存在しません。我々のグループでは、ヘテロ環、ホウ素、三次元骨格をキーワードに、ユニークな生物活性物質の創出を目指して合成方法論を開拓しています。研究には困難が付き物ですが、不可能にさえ思える分子変換が実現した瞬間、驚きの反応が見つかった瞬間、そして合成した化合物が切れ味鋭い機能を発揮する瞬間を、皆さんと共有したいと思います。世界をリードする研究を通して、一生忘れられない成功体験をしてみませんか。

PAGETOP