東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 中村・岡田研究室

助教 三浦一輝

  • HOME »
  • 助教 三浦一輝

三浦 一輝 (MIURA Kazuki)


三浦 一輝 【博士(生物資源科学)】
東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 助教
Researcher ID
Tel: 045-924-5245
E-mail: k.miura[at]res.titech.ac.jp [at]を@に置き換えてください。
専門分野: ケミカルバイオロジー・生物化学

略歴

  • 2013年3月 日本大学生物資源科学部生命化学科 卒業
  • 2015年3月 日本大学大学院生物資源科学研究科生物資源利用科学専攻 博士前期課程 修了
  • 2017年9月 日本農芸化学会関東支部2017年度大会「優秀発表賞」受賞
  • 2018年3月 日本大学大学院生物資源科学研究科生物資源利用科学専攻 博士後期課程 修了
  • 2018年4月 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 助教
  • 2018年7月 日本応用糖質科学会東日本支部若手奨励賞 受賞
  • 2021年4月 東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所 助教

所属学会

  • 日本農芸化学会
  • 日本ケミカルバイオロジー学会
  • 日本糖質学会
  • 日本応用糖質科学会
  • 日本がん分子標的学会

論文リスト researcher ID

  • “Requirement for C-mannosylation to be secreted and activated a disintegrin and metalloproteinase with thrombospondin motifs 4 (ADAMTS4)”, K. Miura, T. Suzuki, H. Sun, H. Takata, Y. Ishizawa, H. Mizuta, S. Simizu, Biochim. Biophys. Acta Gen. Subj. 1865 (3), 129833 (2021).
  • “Identification of madangamine A as a novel lysosomotropic agent to inhibit autophagy”, K. Miura, S. Kawano, T. Suto, T. Sato, N. Chida, S. Simizu, Bioorg. Med. Chem. 34, 116041 (2021).
  • Development of Fluorescent Substrate for Glycan Processing Glycosidase, and Screening of the Novel Glycosidase Inhibitor”, K. Miura, W. Hakamata, Trends Glycosci. Glycotechnol. 32 (190), E201-E204 (2020)
  • Screening, synthesis, and evaluation of novel isoflavone derivatives as inhibitors of human Golgi β-galactosidase”, K. Miura, C. Onodera, M. Takagi, R. Koyama, T. Hirano, T. Nishio, W. Hakamata, Chem. Pharm. Bull. 68 (8), 753-761 (2020)
  • Development of specific fluorogenic substrates for human β-N-acetyl-D-hexosaminidase A for cell-based assays”, K. Miura, Y. Aoyama, Y. Natsu, R. Koyama, T. Hirano, T. Nishio, W. Hakamata, Chem. Pharm. Bull. 68 (6), 526-533 (2020)
  • Identification of vibsanin A analog as a novel HSP90 inhibitor”, K. Miura, W. Matsuki, A. Ogura, K. Takao, S. Simizu, Bioorg. Med. Chem. 28 (2), 115253 (2020).
  • Development of fluorogenic substrates of α-L-fucosidase useful for inhibitor screening and gene-expression profiling”, K. Miura, T. Tsukagoshi, T. Hirano, T. Nishio, W. Hakamata, ACS Med. Chem. Lett. 10 (9) 1309-1313 (2019).
  • Discovery of human Golgi β-galactosidase with no identified glycosidase using a QMC substrate design platform for exo-glycosidase”, K. Miura, W. Hakamata, A. Tanaka, T. Hirano, T. Nishio, Bioorg. Med. Chem. 24 (6), 1169-1375 (2016).

学生への一言

新規医薬品開発の成功率は数万分の1と言われ、医薬品まで辿り着くことが可能な生物活性物質を見出すことは容易ではありません。我々の研究室では、in silico 解析などの新たな創薬探索手法を用いて医薬品まで辿り着くことが可能な新規生物活性物質の創出、ならびに新規/既知生物活性物質の作用機序の解明にも取り組んでいます。自分で1から医薬品の種を探して、新たな医薬品の創造に挑戦していきましょう。

PAGETOP