TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY, Chemical Resources Laboratory, Synthetic Organic Division, Nakamura & Okada Laboratory

Presentation (2021〜現在)

2021

2021年度

36.Synthesis of sp3-carbon rich azatricyclododecene framework via gold-catalized Conia-ene reaction ○Kohei Umedera, Taiki Morita, Hiroyuki Nakamura, Pacifichem(online, Honolulu Hawaii USA) Poster, December 16-21, 2021

35.Cationic Gold(I)-Catalyzed Propargyl Aza-Claisen Rearrangement: Synthesis of 5-Allenyl-4-aminoisoxazoles 〇Masato Tsuda, Taiki Morita, Shintaro Fukuhara, Hiroyuki Nakamura, Pacifichem(online, Honolulu Hawaii USA) Poster, December 16-21, 2021

34.Photochemical conversion of isoxazoles to 5-hydroxyimidazolines 〇Taiki Morita, Shinichiro Fuse, Hiroyuki Nakamura, Pacifichem(online, Honolulu Hawaii USA) Poster, December 16-21, 2021

33.Target protein knockdown using photocatalysts: Application to photodynamic therapy 〇Hiroyuki Nakamura, Yijin Wen, Kazuki Miura, Michihiko Tsushima, Hideya Yuasa, Pacifichem(online, Honolulu Hawaii USA) Oral, December 16-21, 2021

32.Development of photocatalytic-proximity protein labeling for profiling protein-protein interaction in intracellular microenvironments 〇Hiroyuki Nakamura, Michihiko Tsushima, Shinichi Sato, Kazuki Miura, Pacifichem(online, Honolulu Hawaii USA) Oral, December 16-21, 2021

31.Evaluation of viscosity of lipid bilayer nanodiscs 〇Haruna Shiono, Akira Takakado, Hiroyuki Nakamura, Koichi Iwata, Pacifichem(online, Honolulu Hawaii USA) Poster, December 16-21, 2021

30.The effect of local anesthetics on lipid bilayer membranes evaluated by picosecond time-resolved fluorescence spectroscopy 〇Natsumi Okada, Masayuki Iwamoto, Akira Takado, Hiroyuki Nakamura, Shigetoshi Oiki, Koichi Iwata, Pacifichem(online, Honolulu Hawaii USA) Poster, December 16-21, 2021

29.Development of PBC-IP as a Novel Boron Agent: Unexpectedly High BNCT Effect on Rat Brain Tumor  〇Hiroyuki Nakamura, The 3rd Taiwan-Japan Neutron Capture Therapy Academic Communication of Elite (3rd TJNCTACE)(online) Oral,  December 11, 2021

28.Synthesis of Three-Dimensional Diazatricyclododecene Scaffold and Design of Peptidomimetics  〇Kohei Umedera, Taiki Morita, Atsushi Yoshimori, Kentaro Yamada, Akira Katoh, Hiroyuki Kouji, Hiroyuki Nakamura, The 13th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS-2021)(online)Poster,  November 29- December 2, 2021

27.Comprehensive exploration of three-dimensional chemical space by trisubstituted carboranes for discovery of bioactive molecule  〇Yasunobu Asawa, Saki Hatsuzawa, Atsushi Yoshimori, Kentaro Yamada, Akira Katoh, Hiroyuki Kouji, Hiroyuki Nakamura, The 13th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS-2021)(online)Poster, November 29- December 2, 2021

26.Development of an albumin-based boron delivery system for neutron capture therapy ○Kai Nishimura, Taiki Morita, Satoshi OkadaTakumi Ogawara, Takushi Takata, Minoru Suzuki, Hiroyuki Nakamura, The 13th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS-2021)(online)Poster, November 29- December 2, 2021

25.磁場による薬物徐放を志向したポリマーコーティング酸化鉄ナノ粒子の開発 ◯ 高島由佳 、髙安聡子、岡田智、中村浩之、第81回有機合成化学協会関東支部シンポジウム -群馬・前橋シンポジウム-(オンライン)口頭発表、2021年11月27日

24.3D細胞培養系の構築と抗がん剤ライブラリースクリーニング  〇中村浩之、岡田智、Jeff D. Dela Cruz、がんとハイポキシア研究会2021(オンライン) 口頭発表、2021年11月13日

23.パラジウム触媒を用いた1,2-アザボリン類のN-H/B-H二官能基化法の開発  〇村上弘樹、盛田大輝、中村浩之、第119回有機合成シンポジウム(オンライン)口頭発表、2021年11月9-10日

22.腸管免疫系の機能解明を志向した磁場による細胞外カルシウム動態制御法の開発 〇岡田 智 第1回「物質共生」領域会議(オンライン)口頭発表、2021年11月4日

21.カルボランを基盤とした立体的分子による3次元ケミカルスペースの探索と新規PPI制御分子の創成 〇浅輪泰允、中村浩之、バイオインタラクション研究会(東京医科歯科大) 口頭発表、2021年11月2日

20.MRI造影剤センサーによる生体情報の可視化 〇岡田 智、研究院公開2021 化生研セミナー(オンライン)口頭発表、招待講演、2021年10月29日

19.マイクロフローリアクターを用いる非対称リン酸トリエステルの高速合成 〇北村宙士、小竹佑磨、杉澤直斗、杉澤宏樹、井田朋智、中村浩之、布施新一郎、第11回CSJ化学フェスタ2021(オンライン)ポスター発表、2021年10月19日、優秀ポスター発表賞受賞

18.三次元骨格ジアザトリシクロドデセンの開発とペプチド模倣分子への応用 ○梅寺倖平、盛田大輝、吉森篤史、山田健太郎、小路弘之、中村浩之、第11回CSJ化学フェスタ2021(オンライン) ポスター発表、2021年10月19日、優秀ポスター発表賞受賞

17.リゾホスファチジルイノシトール(4,5)ビスリン酸の合成研究 〇植原彩奈, 盛田大輝 , 佐々木雄彦 , 中村浩之、第11回CSJ化学フェスタ2021(オンライン) ポスター発表、2021年10月19日 、優秀ポスター発表賞受賞

16.Development of neurotransmitter-responsive magnetic nanoprobes  〇Satoshi Okada, Vivian Hsieh, Satoko Takayasu, Akira Sumiyoshi, Ichio Aoki, Alan Jasanoff, Hiroyuki Nakamura, The 5th A3 Foresight Symposium on Organic/Inorganic Nanohybrid Platforms for Precision Tumor Imaging and Therapy(オンライン)口頭発表、招待講演、October 13, 2021

15.パラジウム触媒を用いた1,2-アザボリン類のN-H/B-H二官能基化反応の開発 〇盛田大輝、第50回複素環化学討論会(オンライン) 口頭発表、2021年10月7-9日、優秀発表賞受賞

14.Development of an albumin-based boron delivery system for neutron capture therapy ○Kai Nishimura, Taiki Morita, Satoshi OkadaTakumi Ogawara, Takushi Takata, Minoru Suzuki, Hiroyuki Nakamura,The 19th International Congress on Neutron Capture Therapy (ICNCT 19)(Online)Oral, September 27-30, 2021

13.チロシン残基特異的ラベル化技術の開発 〇中村浩之、同仁化学研究所セミナー(オンライン)招待講演 、2021年9月24日

12.磁場照射で脳機能を観察・操作する磁性ナノツールの開発 ○岡田 智、Vivian Hsieh、髙安 聡子、住吉 晃、Alan Jasanoff、青木 伊知男、中村 浩之、2021年第82回応用物理学会秋季学術講演会(オンライン) 口頭発表 、招待講演、2021年9月11日

11.Boron Neutron Capture Therapy: A New Modality of Radiation Therapy,H. Nakamura, M. Tsushima, M. Matsumura, S. Sato, XI International Conference on Chemistry  for Young Scientists (Mendeleev 2021)(online, St. Petersburg)  Keynote Lecture, September 6-10, 2021

10.低分子ホウ素薬剤PBC-IPの細胞選択性評価 ○中村浩之、西村開、盛田大輝、岡田智、磯山翔、玉城尚美、旦慎吾、第17回日本中性子捕捉療法学会(熱海) 口頭発表、2021710-11

9.中性子捕捉療法のためのアルブミンをプラットホームとした低分子ホウ素薬剤PBC-IPの開発 ○西村開、盛田大輝、岡田智、小川原巧、柏木秀基、福尾祐介、松本孔貴、高田卓志、鈴木実、中井啓、川端信司、中村浩之、第17回日本中性子捕捉療法学会(熱海) 口頭発表、2021710-11

8.中性子捕捉療法:承認までの軌跡と今後の展望 〇中村浩之、第17回フッ素相模セミナー(オンライン) 招待講演、2021年7月2日

7.一重項酸素を活用したヒスチジン残基近接標識法の開発、○中根啓太、丹羽達也、對馬理彦、田口英樹, 友重秀介、中村浩之、石川稔、佐藤伸一、日本ケミカルバイオロジー学会第15回年会(オンライン) ポスター発表、2021年6月21‐23日

6.細胞内タンパク質間相互作用解析のための光触媒近接タンパク質標識法の開発  對馬理彦○三浦一輝、佐藤伸一、丹羽達也、田口英樹、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会第15回年会(オンライン) ポスター発表、2021年6月21‐23日、ポスター賞受賞

5.ケミカルスペースの開拓を志向した三次元骨格の新規構築反応開発 〇植田大樹、Peter Wipf、中村浩之、有機合成化学協会 第79回関東支部シンポジウム(オンライン) 口頭発表、2021年5月29日

4.含窒素三環性骨格を基盤としたHIF転写活性阻害剤の開発 〇梅寺倖平、中村浩之、第25回がん分子標的治療学会学術大会(オンライン) ポスター発表、2021年5月26日-28日

3.疎水性ホウ素クラスターによる新規タンパク質分解誘導剤の開発とその機構解明 〇浅輪泰允、中村浩之、第25回がん分子標的治療学会学術大会(オンライン) ポスター発表、2021年5月26日-28日

2.抗マラセチア薬開発に資する脂肪酸取込阻害 Tenagy、土田周治、植原彩奈、陳馨玥、中村浩之、〇梶原将、第95回日本感染症学会学術講演会(パシフィコ横浜、神奈川) 口頭発表、2021年5月7‐9日

1.細胞内タンパク質-タンパク質相互作用解析を可能とする光ラベル化技術の開発 〇中村浩之、新学術領域研究「分子夾雑の生命化学」第5回班会議(アクロス福岡、福岡) 口頭発表、2021年4月15-17日

 

 

PAGETOP
Copyright © Nakamura & Okada Labo. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.