TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY, Chemical Resources Laboratory, Synthetic Organic Division, Nakamura-Fuse Goup

Review

著書

  • ウェイド「有機化学」下巻(780頁)、 中村浩之、岩本武明、斎藤雅一、柴田高範、田中健、長澤和夫、西林仁昭、共訳、丸善出版 (2014).
  • ウェイド「有機化学」上巻(790頁)、 中村浩之、岩本武明、斎藤雅一、柴田高範、田中健、長澤和夫、西林仁昭、共訳、丸善出版 (2014).
  • BALB/c Mouse, H. Nakamura, Brenner’s Online Encyclopedia of Genetics, 2nd edn. 290-292 (2013). LINK
  • 第7章 7.1 中性子捕捉療法にける薬剤送達システム 中村浩之、柳衛宏宣、医学物理の理工学(下巻)、上坂充、中川恵一、金井達明、西尾禎治、共編、153-164 (2013).
  • Boron Compounds: New Candidates for Boron Carriers in BNCT H. Nakamura, M. Kirihata. In Neutron Capture Therapy -Principles and Applications, W. A. G. Sauerwein, A. Wittig, R. Moss, Y. Nakagawa Eds.Springer, p99-116 (2012).
  • 第15章 生体分子 中村浩之、 ベーシックマスター 有機化学、 清水功雄、只野金一、共編、 オーム社, 365-398 (2011).
  • Liposomal Boron Delivery System for Neutron Capture Therapy of Cancer H. Nakamura, In Boron Science: New Technologies and Applications, N. S. Hosman Ed. CRC Press, p163-177 (2011).
  • Liposomal Boron Delivery for Neutron Capture Therapy H. Nakamura, In Methods Enzymology, Liposomes, Part G ; Nejat, D. Ed. Academic Press, Vol. Volume 465, p179-208 (2009).
  • 中性子捕捉治療に向けたホウ素ナノキャリア設計 中村浩之、 機能性DDSキャリアの製材設計 、監修:岡田弘晃、シーエムシー出版、 p279-288 (2008).
  • IX.2.1 1. Cope, Claisen, and Other [3,3] Rearrangements H. Nakamura, Y. Yamamoto, Handbook of Organopalladium Chemistry for Organic Synthesis , E. Negishi Ed. Wiley, p2919-2934 (2002).
  • V.2.1.9. Pd-Catalyzed Reactions of Soft Carbon Nucleophiles with Dienes, Vinylcyclopropanes and Related Compounds H. Nakamura, Y. Yamamoto, Handbook of Organopalladium Chemistry for Organic Synthesis , E. Negishi Ed. Wiley, p1833-1844 (2002).

総論・解説記事

  • 論文紹介「Therapeutic efficacy of boron neutron capture therapy mediated by boron-rich liposomes for oral cancer in the hamster cheek pouch model」 菊地俊介、NCT letter 第1号、p5(2015年6月発行)LINK
  • 第7回日本中性子捕捉療法学会学術大会報告、中村浩之、医用原子力だより、第11号、14-15(2010年12月発行)LINK
  • ホウ素元素を導入した新しい酵素阻害剤の開発に関する研究 中村浩之、浅野亨、山本嘉則、上原至雅、 平成14年度専門研究会報告書「中性子捕捉療法システムの高度化」 編集者、古林徹、福田寛、切畑統三、小野公二、KURRI-KR-95、p32-34 (2003).
  • 1999年の化学(注目の論文)「遷移金属が炭素炭素結合を切る!」 中村浩之、 月刊「化学」 Vol. 54, 64-65 (1999)
  • π‐アリルパラジウム錯体 中村浩之  有機合成化学協会誌  第56巻 5月号特集号, 453 (1998).
  • 進路先
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 東京工業大学
  • 化学生命科学研究所
  • 科学技術創成研究院
  • ライフエンジニアリングコース
  • 生命理工学コース
  • 物質電子化学
  • 生命理工学院
  • 関連学会LINK
  • 中性子捕捉療法学会事務局
  • PAGETOP
    Copyright © Nakamura_Fuse Group All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.