TOKYO INSTITUTE OF TECHNOLOGY, Chemical Resources Laboratory, Synthetic Organic Division, Nakamura-Fuse Goup

presentation

20162015201420132012以前

2016年度

4.ベンゾフロピラゾール類縁体の設計、合成およびHIF-1阻害能評価 〇稲葉恵、峯岸秀充、佐藤伸一、布施新一郎、中村浩之、第109回有機合成シンポジウム(東京工業大学)2016年6月8日-6月9日

3.Ru(bpy)3触媒によるチロシン残基修飾法の分子機構の解明研究 ○羽田野兼資、佐藤伸一、中村浩之、第109回有機合成シンポジウム(東京工業大学)2016年6月8日-6月9日

2.ワンポット[3+2]環化付加反応を基盤とした三置換ピラゾールの位置選択的合成法の開発 布施新一郎、〇杉山寛崇、小林大輔、田中浩士、第109回有機合成シンポジウム(東京工業大学)2016年6月8日-6月9日

1.ベンゾフロピラゾール類縁体の設計、合成およびHIF-1阻害能評価 ○稲葉 恵、峯岸 秀充、佐藤 伸一、中村 浩之、第20回日本がん分子標的治療学会学術集会(大分)2016年5月30日-6月1日

2015年度

46.ベンゾフラピラゾール骨格をもつ新規HIF-1阻害剤の開発研究 ○稲葉 恵、峯岸 秀充、布施 新一郎、中村 浩之、日本薬学会第136年会(パシフィコ横浜)2016年3月26日-29日

45.塩化チタノセン触媒によるタンデムラジカル環化反応を駆使するピリピロペンAの不斉全合成 ○布施 新一郎、池邊 彩子、大角 和也、柄澤 智哉、松村 圭介、泉川 美穂、上本紘平、植草 秀裕、新家 一男、土井 隆行、高橋 孝志、日本化学会第96回年会(同志社大学)2016年3月24日-27日

44.「クレードルドセレノシステイン」を活用した抗酸化酵素反応過程のモデル研究 ○唐崎 貴史、佐瀬 祥平、布施 新一郎、田中 浩士、後藤 敬、日本化学会第96回年会(同志社大学)2016年3月24日-27日

43. ピコ秒時間分解けい光分光法で観測された単一成分脂質二重膜における不均一構造 (学習院大理・東工大資源研)  ○北村 捷、京極 信輔、Manjusha Joshi、中村 浩之、岩田 耕一、日本化学会第96回年会(同志社大学)2016年3月24日-27日

42. ルミノール誘導体を用いたチロシン残基選択的な化学修飾法開発  ○佐藤 伸一、中村 公亮、中村 浩之、日本化学会第96回年会(同志社大学)2016年3月24日-27日

41. 光触媒を用いたTyr残基修飾反応における一電子移動範囲の解明 ○羽田野 兼資、佐藤 伸一、中村 浩之、日本化学会第96回年会(同志社大学)2016年3月24日-27日

40. マイクロフローアミド結合形成法を基盤とするフェグリマイシンの全合成 (東工大資源研・東工大院理工)  ○御舩 悠人、田中 浩士、中村 浩之、布施 新一郎、日本化学会第96回年会(同志社大学)2016年3月24日-27日

39. チロシン残基選択的化学修飾法を用いたチロシンホスファターゼ活性スクリーニング法の開発  ○佐藤 伸一、中村 公亮、中野 洋文、中村 浩之、日本化学会第96回年会(同志社大学)2016年3月24日-27日

38. 外部エネルギーと局所増感型ナノデバイスによる低侵襲がん治療 ○中村浩之、LSC研究発表会、特別講演(神戸学院大学)2016年3月18日

37. Development of Efficient Boron Delivery Nano Carriers for Neutron Capture Therapy ○H. Nakamura, IAEA-Southern Tohoku Hospital Group Joint Workshop on BNCT, Invited Lecture(郡山)2016年3月7日

36.ホウ素を使ってがんに挑む 〜ホウ素創薬の最前線〜 ○中村浩之、第8回「国際的キャリア展望に向けた生命化学研究者による講演会」招待講演(岡山大学)2016年1月27日

35.ヘムを触媒とする酸化的チロシン修飾法開発とその応用 ○佐藤伸一、中村公亮、中村浩之、新学術領域「酸素生物学」&「ダイイングコード」合同若手会議(千葉)、2016年1月26-28日

34.Heme-Catalyzed Tyrosine Click Reaction ○S. Sato, K. Nakamura, H. Nakamura, The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences(大阪)、2016年1月20-22日

33.Use of serum albumin as an efficient boron delivery carrier for neutron capture therapy, ○S. Kikuchi, D. Kanoh, S. Sato, H. Nakamura, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

32.Discovery of carboranylphenoxyacetanilides as inhibitors of heat shock protein (HSP) 60 chaperone activity, ○H. Nakamura, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015,Invited Lecture, (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

31.Development of boronated liposomes as efficient boron delivery vehicles for neutron capture therapy, ○H. Nakamura, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

30.Tyrosine-selective chemical modification using single-electron-transfer catalyst ○S. Sato, K. Nakamura, H. Nakamura, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

29.Utilization of microflow technology for the site-selective modification of multifunctionalized molecules, ○S. Fuse, Y. Mifune, N.
Tanabe, H. Nakamura, T. Takahashi. The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12
月15-20日

28.Rapid synthesis of tri/tetraaryl-substituted pyrazoles via [3+2] cycloadditon and C-H direct arylation approaches, T. Morita, S. Fuse, K.
Matsumura, H. Sugiyama, D. Kobayashi, H. Tanaka1, H. Nakamura, T. Takahashi.
The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2015 (Pacifichem 2015), (Honolulu, Hawaii) 2015年12月15-20日

27.生物活性天然物のマイクロフロー合成:「マイクロフロー法ならでは」の手法論開発を目指して、○布施新一郎、マイクロ化学生産研究コンソーシアム講演会およ
び成果報告会(京都大学)2015年12月10日

26.Overview and Prospect of Boron Agents for Neutron Capture Therapy, ○Hiroyuki Nakamura, 1st Academic meeting for Taiwan’s Society of Neutron Capture Therapy, Invited Lecture,(Taipei) 2015年12月5日

25.マイクロフローリアクター内での四連続反応によるαアリールカルボニル化合物合成法の開発、○小竹佑磨、布施新一郎、御舩悠人、中村浩之、田中浩士、第70回記念有機合成化学協会関東支部シンポジウム-新潟(長岡)シンポジウム(長岡工業高等専門学校)2015年11月21日-22日

24. Anticancer Drug Design Using the Element Boron, ○Hiroyuki Nakamura, Hankuk University of Foreign Studies, Invited Seminar,(Korea) 2016年11月19日

23.Target Protein-Selective Labeling and Inactivation Using Ligand-Directed Ru(bpy)3 Photocatalysts, ○Hiroyuki Nakamura, Shinichi Sato, Kohei Morita, 1st Asian Conference on Chemosensors &; Imaging Probes (Korea) 2015年11月16日-18日

22.Heme-Catalyzed Tyrosine Click Reaction with Luminol Derivatives, ○Shinichi Sato, Kosuke Nakamura, Hiroyuki Nakamura, 1st Asian Conference on Chemosensors & Imaging Probes, Invited Lecture ,(Korea) 2015年11月16日-18日 Poster Presentation Award

21.4連続の直接アリール化による4置換ピラゾールの合成とその発光特性 ○盛田大輝、田中浩士、中村浩之、布施新一郎、第108回有機合成シンポジウム(早稲田大学)2015年11月5日-6日

20.Tyrosine-selective Chemical Modification using Single-electron-transfer Catalyst S. Sato、第3回資源研国際フォーラム 2015 CRL Forum International(大岡山)2015年10月19日-20日

19.An Efficient Amide Bond Formation through the Rapid and Strong Activation of Carboxylic Acids in a Micro-flow Reactor, S. Fuse, International Conference on Nascent Development of Chemical Sciences 2015 (NDCS-2015), Invited Lecture, (Pilani, India) 2015年10月16-18日

18.Highly Boronated Liposomes as Efficient Boron Delivery Vehicles for Neutron Capture Therapy H. Nakamura, ZING Conferences, Invited Lecture,(Spain) 2015年10月4日-7日

17.カルボン酸の迅速かつ強力な活性化を基盤とするマイクロフローペプチド合成法の開発とフェグリマイシンの合成研究 ○御舩悠人、布施新一郎、田中浩士、中村浩之、高橋孝志、第32回有機合成化学セミナー(湯河原) 優秀ポスター賞受賞 LINK  2015年9月15日-17日

16.ホウ素をつかってがんに挑む 〜ホウ素創薬の最前線〜 ◯中村浩之、工学院大学 化学応用学特論A、(東京)(集中講義)2015年9月8日

15.連続的C-H結合直接アリール化による4置換ピラゾールの合成 ◯盛田大輝、田中浩士、中村浩之、布施新一郎、第62回有機金属化学討論会(関西大学、吹田)2015年9 月7日-9日

14.何故新しいホウ素薬剤は開発されないのか? ―これからのBoron Delivery Systemを考える― ◯中村浩之、第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会(神戸学院大学、神戸)(招待講演)2015年9月4日-5日

13.血清アルブミンを用いた新しいホウ素送達法の開発 ◯菊地 俊介、佐藤 伸一、中村 浩之、第12回日本中性子捕捉療法学会学術大会(神戸学院大学、神戸)2015年9月4日-5日

12.ポルフィリン脂質リポソームの細胞内局在とPDT効果 立川将士、佐藤伸一、間久直、金田安史、粟津邦男、 ○中村浩之、第25回日本光線力学学会 学術講演会(新宿)2015年7月10日-11日

11.ホウ素高集積化リポソームを指向した内封ホウ素薬剤開発 〇中村浩之、立川将士、Clara Vinas、鈴木実、小野公二、第31回日本DDS学会学術集会(新宿)2015年7月2日-3日

10. 光を使って生命機能を探る・操る 〇中村浩之、有機合成化学協会関東支部ミニシンポジウム(神奈川)2015(招待講演)2015年6月27日-28日

9.活性化ヘム検出に立脚した活性酸素誘導性細胞死の評価系開発 佐藤伸一、新学術領域ダイイングコード 細胞死を起点とする生体制御ネットワークの解明 第一回領域班会議(熱海)2015年6月27日-28日/

8.サイト選択的反応を駆使する多官能基性生物活性分子の合成 布施新一郎、平成27年度 環境調和材料・デバイスプロジェクトグループ(G4)分科会(千歳)2015年6月19-20日

7.インデノピラゾール骨格を基軸とした創薬研究 中村浩之、 平成27年度 環境調和材料・デバイスプロジェクトグループ(G4)分科会(千歳)2015年6月19-20日

6.カルボラン骨格を有する新規Hsp60阻害剤の開発 〇李 廣哲、峯岸 秀充、佐藤 伸一、中村 浩之、 第19回日本がん分子標的治療学会学術集会(松山)2015年6月10日-12日

5.ルミノール誘導体を用いたチロシン残基に選択的な共有結合形成反応の開発 〇佐藤伸一、中村公亮、中村浩之、 日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会(東北大学、仙台)2015年6月10日-12日

4.高い細胞増殖阻害を有するインデノピラゾールの発見とプロファイリング法による阻害機構の解明 中村浩之、峯岸秀光、室井誠、二村友史、川谷誠、長田裕之、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」第8回公開シンポジウム(東北大学、仙台)2015年6月8日-9日

3.Development of Liposomes for Efficient Boron Neutron Capture Therapy, H. Nakamura, 15th International Congress of Radiation Research (ICRR2015), Invited Lecture, (Kyoto) 2015年5月25-29日

2.Luminol誘導体を用いた鉄触媒存在下でのTyr残基高選択的ラベル化反応 ○中村公亮、佐藤伸一、中村浩之、 第69回有機合成化学協会関東支部会シンポジウム(横浜)2015年5月16日 若手講演賞受賞 Link

1.高い細胞増殖阻害を有するインデノピラゾール化合物の発見とその作用機序解明 ○中村浩之、 平成26年度アライアンス成果報告会(九州大学、福岡)2015年4月21日

2014年度

50.マイクロフロー合成法を駆使したペプチド系天然物フェグリマイシンの合成研究 ○御船悠人、布施新一郎、田中浩士、 日本化学会第95回年会(船橋)2015年3月26日-29日

49.マイクロフローリアクター内での四連続反応によるαアリールカルボニル化合物合成法の開発 ○小竹佑麿、布施新一郎、御船悠人、田中浩二、藤田有紀、杉本八郎、高橋孝志、 日本化学会第95回年会(船橋) 2015年3月26日-29日

48.4連続のN-HおよびC-H結合直接アリール化を駆使した4置換ピラゾールの合成研究 ○布施新一郎、杉山寛祟、小林大輔、田中浩士、 日本化学会第95回年会(船橋)2015年3月26日-29日

47.4成分ワンポット連結反応を駆使した機能性色素の合成とアミロイドβおよびタウタンパクの凝集阻害活性評価 ○松村圭介、布施新一郎、藤田有紀、杉本八郎、高橋孝志、 日本化学会第95回年会(船橋)2015 年3月26日-29日

46.ベンゾフロピラゾール化合物の合成とHIF-1転写活性への影響 ○峯岸秀充、中村浩之、 日本化学会第95回年会(船橋)2015年3月26日-29日

45.イミダゾピリジン骨格を有する新規HIF-1α阻害剤の開発 ○大内俊明、峯岸秀充、中村浩之、 日本化学会第95回年会(船橋)2015年3月26日-29日

44.中性子補足療法のための血清アルブミンを用いた新しいホウ素送達法の開発 ○菊地俊介、加納大輔、佐藤伸一、中村浩之、 日本化学会第95回年会(船橋)2015年3月26日-29日

43.若い世代の特別講演 マイクロフロー合成法を駆使する高選択的反応を基軸とした天然物合成 ○布施新一郎、日本化学会第95回年会(船橋)2015年3月26日-29日

42.ルミノール誘導体を用いた鉄触媒存在下でのTyr残基特異的タンパク質ラベル化反応 ○中村公亮、佐藤伸一、中村浩之、日本化学会第95回年会(船橋)2015年3月26日-29日

41.Development of Liposomes for Efficient Boron Neutron Capture Therapy H. Nakamura, Invited Lecture 15th International Congress of Radiation Research (ICRR2015), Kyoto, 2015年3月25日-29日

40.リガンド連結型Ru光触媒を用いたタンパク質ノックダウンとラベル化の制御 ○佐藤伸一、森田耕平、中村浩之、日本薬学会第135回年会(神戸)2015年3月25日-28日

39.Development of Chemical Tools for Target Protein-Selective Identification and Selective Modification H. Nakamura, Invited Lecture at Indian Institute of Science, Bangalore, Bangalore (India) 2015年3月10日

38.Development of Chemical Tools for Target Protein-Selective Identification and Selective Modification H. Nakamura, Invited Lecture at Jawaharl Nehru Centre for Advanced Scientific Research(JNCASR) Bangalore (India) 2015年3月9日

37.Development of Ligand-directed Ru(bpy)3 Photocatalysts for Target Protein Knockdown and Labeling S. Sato, K. Morita, H. Nakamura, An International Symposium on Recent Advances in Chemistry (REACH-2015), Plenary Lecture, Shillong (India) 2015年3月3-5日

36.Development of Chemical Tools for Target Protein-Selective Identification and Modification H. Nakamura, Invited Lecture at Indian Institute of Technology, Guwahati (India) 2015年3月2日

35.DDSによるがん治療の最前線 中村浩之、川崎医科大学川崎医学会セミナー、招待講演(倉敷)2015年2月26日

34.ホウ素でがんに挑む 中村浩之、第一三共株式会社品川研究開発センターセミナー、招待講演(東京)2015年2月20日

33.Therapeutic effect of porphyrus envelope-mediated photodynamic therapy: a novel therapeutic approach for the treatment of hormone antagonistic prostate cancer ○M. Inai, M. Yamauchi, N. Honda, H. Hazama, S. Tachikawa, H. Nakamura, Y. Kaneda, K. Awazu SPIE Photonics West BiOS (San Francisco) 2015年2月7-12日

32.がん細胞内部で放射線を発生させる次世代治療法ホウ素中性子捕捉療法 中村浩之、第3回次世代がん治療推進専門家養成プランシンポジウム(東京)2015年1月25日

31.Albumin-bound closo-Dodecaborate as a Promising Boron Carrier to Tumor H. Nakamura, The 2nd International Workshop on BNCT, Invited Lecture (京 都) 2014年12月9ー10日

30.外部エネルギーによる生体内局所増感型ナノデバイスの開発? QOL の高い低侵襲がん治療を目指して○中村浩之、第14 回東北大学多元物質科学研究所研究発表会、招待講演 (仙台)2014年12月5日

29.標的タンパク質のラベル化を指向した一電子酸化的チロシン残基修飾反応の開発○佐藤伸一、中村浩之、第68回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(新潟シンポジウム)(新潟)2014年11月29-30日

28.非ウイルスベクターを用いた薬剤耐性前立腺がんへのPDT における最適な薬剤調製条件の検討○山内 将哉、稲井 瑞穂、本多 典広、間 久直、立川 将士、中村 浩之、金田 安史、粟津 邦男、第35回 日本レー ザー医学会総会 2014年11月29日

27.ホルモン拮抗ヒト前立腺がん細胞株(PC-3)における新規光感受性物質porphyrus envelope 細胞内局在の検討○稲井瑞穂、 山内将哉、 本多典広、 間久直、 立川将士、 中村浩之、 金田安史、粟津邦男、第35 回 日本レーザー医学会総会 2014年11月29日

26.ベンゾフロピラゾール化合物によるHIF-1転写活性への影響○峯岸秀充、中村浩之*、第12回がんとハイポキシア研究会(佐賀)2014年11月21-22日

25.Photoaffinity Labeling Molecules as Tools for Identification and Modification of Target Proteins H. Nakamura, Vietnam Malaysian International Chemical Congress (VMICC)2014, Invited Lecture, Hanoi (Vietnam) 2014年11月7-9日

24.Target-selective Protein Modification Based on Local Environmental Single Electron Transfer Catalysis○S. Sato, H. Nakamaura, 18th Malaysian International Chemical Congress (18MICC), Invited Lecture, Kuala Lumpur(Malaysia) 2014年11月3-5日

23.Development of liposomes for efficient boron neutron capture therapyH. Nakamura, International Symposium on Integrated Molecular/Materials Science and Engineering (IMSE2014), Invited Lecture, 南京(中国)2014年11月1-3日

22.Target-selective Protein Modification Based on Local Environmental Single Electron Transfer Catalysis 中村浩之 新学術領域第3回国際シンポジウム(大阪)、招 待講演2014年10月28-29日

21.一電子酸化触媒を用いたタンパク質のチロシン残基修飾法開発と応用佐藤伸一 第1回 資源研フォーラム(東京)2014年10月21-22日

20.効率的ホウ素デリバリーシステムの構築を目指して中村浩之、平成26年度京都大学原子炉実験所専門研究会「BNCTの新展開-特殊な療法から一般的な療法への移行を目指して-」(大阪)2014年9月29-30日

19.A Photodynamic Therapy for Hormone Antagonistic Human Prostate Cancer Cells Utilizing Protoporphyrin IX Lipid Delivered by Hemagglutinating Virus of Japan Envelope (HVJ-E) as a Non-Viral Vector○M. Yamauchi, N. Honda, H. Hazama, S. Tachikawa, H. Nakamura, Y. Kaneda, K. Awazu, 16th International Congress on Photobiology (Argentina) 2014年9月8-12日

18.Diaryl-substituted carboranes as inhibitors of hypoxia inducible factor-1 transcriptional activity○H. Nakamura, L. Tazaki, D. Kanoh, S. Sato, H. S. Ban, XV Internationl Meeting of Boron Chemistry, Key Note Lecture (Prague, Zech) 2014年8月24-28日

17.Target-selective Protein Modification Using Ligand-conjugated Ru(bpy)3 Catalyst○H.Nakamaura, S. Sato,XXVI International Congress of Organometallic Chemistry (ICOMC-XXVI) (札幌)2014年7月 13-18日

16.がん光線力学的治療のためのポルフィリン脂質の開発とナノキャリアへの応用立川将士、佐藤伸一、間久直、粟津邦男、金田安史、中村浩之、創薬懇親会2014 (岐阜)2014年7月10、11日

15.カルボラン骨格を有する新規Hsp60阻害剤の開発東礎代子、〇李廣哲、佐藤伸一、中村浩之、創薬懇親会2014 (岐阜)2014年7月10~11日

14.Design of Photoaffinity Proble Molecules for Identification and Modification of Target ProteinsH. Nakamura, H. S. Ban, K. Shimizu, H. Minegishi, S. Sato, The 31st International Conference of Photopolymer Science and Technology Materials & Processes for Advanced Microlithography, Nanotechnology and Phototechnology (ICPST-31)招待講演(千葉)2014 年7月8-11日

13.生体高分子をキャリアとしたホウ素デリバリーシステム:マレイミドドデカボレート(MID)の開発と生物活性評価加納大輔、立川将士、佐藤伸一、近藤夏子、鈴木実、桜井良憲、小野公二、○中村浩之、第11 回日本中性子捕捉療法学会学術大会(大阪)2014年7月5-6日

12.リポソーム内へのホウ素高集積化を可能とするデンドリマー型新規リポソーム薬剤の開発○立川将士、小金井逸人、菊池俊介、加納大輔、鈴木実、小野公二、中村浩之、第11回日本中性子捕捉療法学会学術大会 (大阪)2014年7月5~6日

11.脳放射線壊死の病態解析と、治療実験(前臨床試験)を実施するためのラット脳放射線壊死も出るの開発野々口直助、宮武伸一、古瀬元雅、頼経英倫那、宮田とも、東保太一郎、藤田貢、中村浩之、川端信司、 梶本宜永、田村陽史、辻求、鳴海善文、黒岩敏彦、第11回日本中性子捕捉療法学会学術大会(大阪)2014年7月5~6日

10.光増感分子を設計しタンパク質を探る・操る、そして創薬へ挑む中村浩之、第49回天然物化学談話会 招待講演(岡山)2014年7月2-4日

9.脱SUMO化酵素SENP1阻害剤中村浩之、第18回日本がん分子標的治療学会学術集会(仙台)2014年6月26日

8.非ウイルスベクターとプロトポルフィリンIX脂質を用いた薬剤耐性前立腺がん細胞への新規光線力学療法の検討山内将哉,本多典広,間久直,立川将士,中村浩之,金田安史,粟津邦男、第24回日本光線力学学会 学術講演会(浜松)2014年6月28日~29日

7.Development of Albumin-bound closo-Dodecaborate and its Promising Boron Delivery Efficacy to TumorDaisuke Kanoh, Shoji Tachikawa, Shinich Sato, 〇Hiroyuki Nakamura, 16th International Congress on Neutron Capture Therapy(Finland)、2014年6月14日~19日

6.リガンド連結型Ru(bpy)3触媒を用いた標的選択的タンパク質光分解とラベル化反応の制御○佐藤伸一、森田耕平、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会 第9回年会(大阪)2014年6月11日~13日

5.Luminol誘導体を用いた鉄触媒存在下でのTyr残基高選択的ラベル化反応〇中村公亮、佐藤伸一、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会 第9回年会(大阪)2014年6月11日~13日

4.光を用いて生命機能を探り操る中村浩之、平成26年度 アライアンスG4分科会(大阪)2014年5月29日

3.光触媒を利用した生体内標的タンパク質ラベル化法の開発佐藤伸一、〇中村浩之、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」 第6回公開シンポジウム(名古屋)2014年5月28-29日

2.インデノピラゾール化合物による低酸素応答および細胞増殖に対する効果〇峯岸秀充、深代真司、佐藤伸一、中村浩之、文科省新学術領域研究・がん支援「化学療法基盤支援活動」第3回シンポジウム (沖縄) 2014年5月12日

1.カルボラン骨格を基盤とした新規Hsp60阻害剤の開発東礎代子、〇佐藤伸一、安井友香、丸山美菜子、潘鉉承、中村浩之、文科省新学術領域研究・がん支援「化学療法基盤支援活動」第3回シンポジウム (沖縄) 2014年5月12日

2013年度

28.インデノピラゾール化合物によるHIF-1阻害活性および細胞増殖抑制作用機序の解明○峯岸秀充、深代真司、潘鉉承、佐藤伸一、中村浩之、日本薬学会第134年会(熊本)2014年3月27-30日

27.がん光線力学的療法のためのPpIX脂質導入ナノキャリアの開発とその効果○立川将士、佐藤伸一、山内将哉、間久直、 粟津邦男、金田安史、 中村浩之、日本薬学会第134年会(熊本)2014年3月27-30日

26.一電子酸化反応に基づくチロシン残基修飾法の開発と標的タンパク質選択的ラベル化法への応用〇佐藤 伸一、中村 浩之、日本薬学会第134年会(熊本)2014年3月27-30日

25.次世代低侵襲放射線治療:中性子捕捉療法用ホウ素デリバリーシステム開発○中村浩之、川崎スマートライフケアCOI拠点キックオフシンポジウム、招待スピーチ 、東京、2014年3月19日

24.インデノピラゾール化合物によるHIF阻害活性および細胞増殖抑制作用機序の解明○峯岸秀充、深代真司、潘鉉承、中村浩之、第11回がんとハイポキシア研究会 (仙台)2013年12月13-14日

23.Design of Photoaffinity Labeling Molecules: Tools for Identification and Modification of Target ProteinsH. Nakamura, International Conference on Emerging Trends in Chemical Sciences (IETC 2013)(India) Dec 5‐7th 2013 (Plenary Lecture)

22.ジフェニルウレア骨格を有するSENP1阻害剤の開発〇松川卓也、佐藤伸一、山乙教之、広野修一、中村浩之、第66回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京)2013年11月30日

21.非ウィルスベクターとプロトポルフィリンIX脂質を用いた薬剤耐性前立腺がん細胞への新規光線力学療法の検討〇山内将哉、本田典広、間久直、立川将士、中村浩之、金田安史、粟津邦男、34回日本レーザー医 学会総会(東京)2013年11月9-10日

20.1人のがん患者を目の前にして有機化学者ができることとは何か?を考えたとき…中村浩之、早稲田大学先進理工学部「実践的化学知セミナー」招待講演 (東 京)2013年11月8日

19.ホウ素創薬の最前線中村 浩之、CBI学会2013年大会、基調講演(東京)2013年10月31日

18.Target-selective Protein Labeling Based on Local Single Electron Transfer Catalysis〇S. Sato and H. Nakamura, The 2nd International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity, Yokohama, Oct 28-29, 2013.

17.インデノピラゾール骨格を有する新規HIF-1阻害剤の開発と作用機序○峯岸秀充、深代真司、潘鉉承、中村浩之*、第57回日本薬学会関東支部大会(東京)2013年10月26日

16.Ligand-directed Selective Protein Modification Based on Local Environmental Single Electron Transfer Catalysis〇S. Sato and H. Nakamura, International Chemical Biology Society 2nd Annual Conference ICBS2013 (Kyoto) Oct 7-9th.

15.Development of high boron content molecules and their liposome encapsulation for neutron capture therapy.H. Koganei, S. Tachikawa, M. Suzuki, K. Ono, and 〇H. Nakamura, 7th Young Researchers In Boron Neutron Capture Therapy Meeting. Granada, Spain, Sep 23-26, 2013.

14.標的指向性Ru(bpy)3錯体をもちいた局所環境での一電子酸化反応の制御と標的タンパク質選択ラベル化法への応用〇佐藤 伸一、中村 浩之、第60回有機金属討論会(東京)2013年9月12-14日

13.ホウ素中性子線捕捉反応に対するがん細胞の応答機構のプロテオーム解析〇佐藤 聡、伊藤 祐、齋藤総一郎、藤森浩彰、平井崇久、今堀良夫、伊丹 純、村上康文、中村 浩之、鈴木 実、小野公二、増永慎一、 益谷美都子、第10回日本中性子捕捉学会(岡山)2013年9月7-8日

12.口腔がん細胞株SASにおけるホウ素中性子線捕捉反応後の遺伝子発現解析〇伊藤祐、佐藤 聡、齋藤総一郎、藤森浩彰、平井崇久、新井康仁、今堀良夫、伊丹純、村上康文、中村 浩之、鈴木 実、小野 公二 、増永慎一郎、益谷美都子、第10回日本中性子捕捉学会(岡山)2013年9月7-8日

11.ホウ素ナノチューブ(BNNT)の中性子捕捉治療用薬剤としての可能性小金井 逸人、三好 達郎、鈴木 実、小野公二、〇中村 浩之、第10回日本中性子捕捉学会(岡山)2013年9月7-8日

10.生体高分子への簡便なホウ素導入法の開発とDDSへの展開〇加納大輔、立川将士、佐藤伸一、中村 浩之、第10回日本中性子捕捉学会(岡山)2013年9月7-8日

 

9.がんを治す薬 ―人々の夢実現に向けて―中村 浩之、読売サイエンスフォーラム ―学習院大学理学部の研究力― ここまで来た!がん研究最前線 招待講演(東 京)2013年7月27日

8.小分子化合物標的タンパク同定のための温和な条件下で切断可能なリンカー開発とその応用〇森田耕平、峯岸秀充、佐藤伸一、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会第8回年会(東京)2013年6月19-21日

7.局所環境での一電子酸化反応を利用した標的タンパク質選択的ラベル化法の開発〇佐藤伸一、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会第8回年会(東京)2013年6月19-21日

6.ジアリールカルボラン骨格を有するHIF-1阻害剤の開発〇松川卓也、峯岸秀充、中村浩之、第17回日本がん分子標的治療学会学術集会(京都)2013年6月12-14日

5.がん光線力学的治療のためのポルフィリン脂質の開発とナノキャリアーへの応用〇立川将士、佐藤伸一、中村浩之、第23回日本光線力学学会学術講演会(旭川) 2013年6月7-8日

4.Evaluation of protoporphyrin IX combined with lipid chains as a novel photosensitizerMasaya Yamauchi, Norihiro Honda, Hisanao Hazama, Shoji Tachikawa, Hiroyuki Nakamura, Yasufumi Kaneda, and Kunio Awazu、The 14th World Congress of the International Photodynamic Association(韓国) 2013年5月28日-6月1日

3.Manassantin骨格を模倣したカルボラン含有低酸素誘導因子阻害剤の開発中村 浩之、松川卓也、〇佐藤 伸一、新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」第4回公開シンポジウム(つくば )2013年5月28-29日

2.小分子化合物標的タンパク同定のための温和な条件下で切断可能なリンカー開発とその応用〇森田耕平、峯岸秀充、佐藤伸一、中村浩之、新学術領域「天然物ケミカルバイオロジー~分子標的と活性制御~」第4 回公開シンポジウム(つくば)2013年5月28-29日

1.Boron-Based Drug Design: Discovery of HIF-1α Degradation Pathway Induced by Inhibiting HSP60 under HypoxiaHiroyuki Nakamura, XVth Conference on Heterocycles in Bio-organic Chemistry May 27 -30, 2013, Riga, Latvia (Invited Lecture)

2012年度

38.ホウ素高集積化リポソームによる中性子捕捉治療抗腫瘍効果の改善 中村浩之、第133回日本薬学会年会 セッションオーガナイザー(横浜) 2013年3月 27-30日

 

37.ピレン基を有するリン脂質の合成とけい光異方性のピコ秒時間分解測定によるリポソーム脂質二重膜中の粘度の見積もり ○加納大輔、野嶋優妃、岩田耕一、中村浩之、第133回日本薬学会年会 (横浜) 2013年3 月27-30日

36.インデノピラゾール化合物の高い細胞増殖抑制作用とその機序解明 ○峯岸秀充、佐藤伸一、中村浩之、第133回日本薬学会年会 (横浜) 2013年3月27-30日

 

35.コンピューターリガンドドッキングによる新規SENP1選択的阻害剤GN6958複合体の相互作用解析 ○山乙教之、松川卓也、佐藤伸一、中村浩之、広野修一、第133回日本薬学会年会 (横浜) 2013年3月27-30日

34.YC-1の構造展開による高活性HIF-1α転写阻害剤の創製と作用機構解明 ○佐藤伸一、竹内彩乃、堀牧人、潘 鉉承、口丸 高弘、近藤 科江、矢守 隆夫、中村浩之、第133回日本薬学会年会 (横浜) 2013年3月27- 30日

33.がん光線力学治療のためのポルフィリン脂質の開発とナノキャリアーへの応用 ○立川将士、佐藤伸一、中村浩之、第133回日本薬学会年会 (横浜) 2013年3月27-30日

32.インデノピラゾール骨格を有するHIF‐1阻害剤の作用機序解明 ○深代真司、峯岸秀充、佐藤伸一、中村浩之、第133回日本薬学会年会 (横浜) 2013年3月27-30日

31.温和な条件で切断可能な小分子化合物標的タンパク同定リンカーの開発とその応用 ○森田耕平、佐藤伸一、中村浩之、第133回日本薬学会年会 (横浜) 2013年3月27-30日

30.低酸素誘導因子(HIF)転写阻害活性カルボラン化合物は熱ショックタンパク60を阻害してHIF-1αを分解へ誘導する ○中村浩之、潘鉉承、清水一希、東礎代子、安井友香、佐藤伸一、日本化学会第93春季年会 (滋賀) 2013年3月22-25日

29.ピレンを発光団としたけい光リン脂質におけるけい光異方性のピコ秒時間分解測定‐DMPCリポソーム脂質二重膜中の粘土の回転緩和時間からの見積もり ○野嶋優妃、加納大輔、中村浩之、岩田耕一、日本化学 会第93春季年会 (滋賀) 2013年3月22-25日

28.中性子でがんを治す次世代の放射線療法 中村浩之、学際生命科学東京コンソーシアム 第7回市民講演会、招待講演(東京)2013年3月16日

27.がんの低酸素応答に基づく創薬化学 中村浩之、神戸大学大学院理学研究科講演会、集中講義 (神戸) 2013年1月7-8日

26.Boron-Based Drug Design: Discovery of HIF-1α Degradation Induced by Inhibition of HSP60 under Hypoxia H. Nakamura, Korea University, Seminar, 依頼講演 Daejon (韓国) 2012年12月28日

25.カルボラン骨格を基軸としたHIF-1阻害剤の開発 ○峯岸秀充、安井友香、丸山美菜子、潘鉉承、佐藤伸一、中村浩之、第10回がんとハイポキシア研究会 (横浜) 2012年12月6-7日

24.HIF-1αの分解に関わるHsp60のシャペロン活性を阻害するカルボラン化合物の開発 ○東礎代子、佐藤伸一、中村浩之、第10回がんとハイポキシア研究会 (横浜) 2012年12月6-7日

23.ジアリールカルボラン骨格を有するHIF-1阻害剤の開発 ○松川卓也 峯岸秀充 中村浩之、第10回がんとハイポキシア研究会 (横浜) 2012年12月6-7日

22.closo-Dodecaborate-conjugated cholesterols: Synthesis and click imaging of their liposomes in cells, Hiroyuki Nakamura、Trilaterla Meeting of BNCT in Taipei(台湾)2012年12月1日

21.カルボラン含有低酸素誘導因子HIF-1α阻害剤の開発 ○東礎代子、安井友香、峯岸秀充、佐藤伸一、中村浩之、第30回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都)2012年11月28-30日

20.カルボラン骨格を基盤とした新規Hsp60阻害剤の開発 ○佐藤伸一、安井友香、丸山美菜子、峯岸秀充、潘鉉承、中村浩之、第30回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都)2012年11月28-30日

19.CH vs CC Bond Activation of Propargylic Amines in the Presence of Pd, Cu or Zn Catalysts, Tsuyuka Sugiishi, ○Hiroyuki Nakamuraa、12th International Kyoto Congress of Organich Chemistry (IKCOC-12) 、(京都)2012年11月12-16日

18.Diphenylcarboranes as a new class of hypoxia inducible factor inhibitors, ○T. Matsukawa, L. Tazaki, H. S. Ban, H. Nakamura、12th International Kyoto Congress of Organich Chemistry (IKCOC-12) 、(京都)2012年11月12-16日

17.Discovery of Indenopyrazoles as HIF-1α Inhibitors, ○H. Minegishi, S. Fukashiro, H. S. Ban, H. Nakamura、12th International Kyoto Congress of Organich Chemistry (IKCOC-12) 、(京都)2012年 11月12-16日

16.Discovery of HIF-1a Degradation Induced by Inhibition of HSP60 under Hypoxia, H. Nakamura、1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products:Target ID and Regulation of Bioactivity、(京都)2012年10月31日

15.Boron-Based Drug Design: From Chemical Biology to Neutron Capture Therapy, H. Nakamura、the Institute of Medical Biology (IMB) Poland Academy of Science, Seminar、依頼講演、Lotz (ポーランド)2012年10月9日

14.Development of inhibitors targeting hypoxia cell signaling, H. Nakamura、2th COLLOQUE FRANCO-ROUMAIN DE CHIMIE MEDICINALE、招待講演、Iasi (ルー マニア)2012年10月3-5日

13.Development of liposomal boron agents for neutron capture therapy S. Tachikawa, T. Miyoshi, H. Koganei, D. Kanoh,H. Ban, M. Suzuki, M. Kirrihara, K. Ono, H. Nakamura、15th International congress on Neutron Capture Therapy(筑波)2012年9月10-14日

12.closo-Dodecaborate-conjugated cholesterols:Synthesis and click imaging of their liposomesin cells H. Nakamura, T. Miyoshi,S. Tachikawa, H. Koganei, S. Kojima, M. Suzuki, K. Ono、15th International congress on Neutron Capture Therapy(筑波)2012年9月10-14日

11.Pretreatment with buthionine sulfoximine enhanced uptake and retention of BSH for BNCT F. Yoshida, K. Nakei, T. Yamamoto,M. Shirakawa, H. Nakamura、 Alexander Zaboronok, Akira Matsumura,15th International congress on Neutron Capture Therapy(筑波)2012年9月10-14日

10.高ホウ素化リポソームの開発と中性子照射による抗腫瘍効果 ○小金井逸人、上野学、立川将士、鈴木実、小野公二、中村浩之、第21回DDSカンファランス(静岡)2012年9月1日

9.Cholesterol-boron cluster conjugates:Synthesis via dioxane ring opening of the oxonium derivative of the boron cluster and preliminary physicochemical and biological evaluation Magdalena Bialek-Pietras, Agnieszka B. Olejniczak, S. Tachikawa, H. Nakamura, Z. J. Lesnikowski、4th Congress of the European Association for Chemical and Molecular Sciences Prague(Czech Republic)2012年8月26-30日

8.中性子捕捉療法のためのホウ素コレステロールの開発-リポソーム化と細胞内イメージング- ○中村 浩之、三好達郎、立川将士、小金井逸人、鈴木実、小野公二、日本DDS学会学術集会(北海道)2012年7月4-5日

7.ホウ素脂質リポソームの開発と中性子捕捉治療効果 中村 浩之、第16回日本がん分子標的治療学会学術集会(北九州)2012年6月27-29日

6.インデノピラゾール化合物の細胞増殖抑制効果に関する研究 ○峯岸 秀充、矢守 隆夫、中村 浩之、第16回日本がん分子標的治療学会学術集会(北九州)2012年6月27-29日

5.Boron-Based Drug Design:From Chemical Biology to Neutron Capture Therapy H. Nakamura、Paris Tech Seminar、依頼講演 (France)、2012年6月18日

4.HIF-1α転写阻害剤YC-1の誘導展開と作用機構解析 ○佐藤伸一、竹内彩乃、堀牧人、潘鉉承、口丸高弘、近藤科江、矢守隆夫、中村浩之、新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第 1回若手研究者ワークショップ(東京)2012年6月16日

3.Carboranylphenoxyacetanilides as HIF-1 Inhibitors:Photoaffinity Probe Design for Identification of Heat Shock Protein 60, a Primary Target H. Nakamura、A celebration of Organic Chemistry、 招待講演 (UK)2012年6月15日

2.Dodecaborate Lipid Liposomes as New Vehicles for Boron Delivery System of Neutron Capture Therapy,H. Nakamura、The 13th Boron In The Americas Conference(USA)、2012年6月3-6日

1.ホウ素でがんに挑む 中村 浩之、第69回学習院大学理学部技術交流会、招待講演(東京)2012年5月19日

2011年度

33.ホウ素脂質リポソームの 中性子照射における抗腫瘍効果 小金井逸人、立川将士、三好達郎, 鈴木実、小野公二, 中村浩之、第132回日本薬学会年会、(札幌)2012年3月28-31日

32.インデノピラゾール骨格を基軸としたHIF-1阻害剤の開発 深代真司、峯岸秀充、潘鉉承、中村浩之、第132回日本薬学会年会、(札幌)2012年3月28-31日

31.Antitumor Activity of Boron Lipid Liposomes with Neutron Irradiation Hayato Koganei, Shoji Tachikawa, Minoru Suzuki, Koji Ono, Hiroyuki Nakamura、SIMS2012、(つくば)2012年3月17-19日

30.がんの低酸素応答を標的とした創薬研究の現状 中村浩之、筑波大学医学医療系 セミナー、依頼講演(つくば)2012年2月28日

29.ホウ素リポソームの高集積化を目指して 中村浩之、平成23年度京都大学原子炉実験所専門研究会、(東京)2012年2月17-18日

28.がんの低酸素環境応答と分子標的 中村浩之、第2回Cancer Cell Informaticsによる創薬研究会、(東京)2012年2月9日

27.ホウ素創薬の現状と応用 中村浩之、東京工業大学工学部セミナー、依頼講演(東京)2011年12月21日

26.Developement of Carboranylphenoxyanilides as HIF-1α Inhibitors: Photoaffinity Probe Design and Identification of the Primary target Protein Hiroyuki Nakamura、3rd ICHC、招待講演(Jaipur, India)2011年12月10-13日

25.Development of Liposomal Boron Agents for Neutron Capture Therapy Shoji Tachikawa, Tatsuro Miyoshi, Hayato Koganei, Daisuke Kanoh, Hyun Seung, Ban, Hiroyuki Nakamura、6th Young BNCT Meeting、(台湾)2011年12月4-8日

24.Development of Liposomal Boron Delivery System for Neutron Capture Therapy Hiroyuki Nakamura、6th Young BNCT Meeting、招待講演(台湾)2011年12 月4-8日

23.Development of Liposomal Boron Agents for Neutron Capture Therapy Shoji Tachikawa, Hyun Seung, Ban, Hiroyuki Nakamura、AIMECS11、(東京)2011年11月29日-12月2日

22.Betulinic Acid as a Hypoxia-Inducible Factor-1α Inhibitor Hidemitsu Minegishi, Hyun Seung Ban, and Hiroyuki Nakamura、AIMECS11、(東京)2011年11月29日-12月2日

21.Identification of Heat Shock Protein (Hsp) 60 as a Primary Target of Carboranylphenoxyacetanilides, HIF-1α Inhibitors Hiroyuki Nakamura, Hyun Seung Ban, Kazuki Shimizu, Hidemitsu Minegishi, Yuka Yasui, and Minako Maruyama、AIMECS11、(東京)2011年11月29日-12月2日

20.YC-1を基軸としたHIF-1阻害剤の開発 竹内彩乃 、堀牧人、潘鉉承、口丸高弘、近藤科江、中村浩之、第9回がんとハイポキシア研究会、(東京)2011年11月26-27日

19.インデノピラゾール骨格を有するHIF-1阻害剤の開発 深代真司、峯岸秀充、潘鉉承、中村浩之、第9回がんとハイポキシア研究会、(東京)2011年11月26-27日

18.がんの低酸素環境応答と分子標的 中村浩之、第9回がんとハイポキシア研究会、特別講演(東京)2011年11月26-27日

17.1価の銅存在下および2価の亜鉛存在下におけるプロパルギルアミンと末端アルキンの交差反応 杉石露佳、中村浩之、第100回有機合成化学シンポジウム、(東京)2011年11月10-11日

16.人類が「ガン」の壁を越えるとき 中村 浩之、学習院大学生涯学習センター 秋季特別講座、依頼講演(東京)2011年10月1日

15.高集積化ホウ素ナノデバイスの開発 立川将士、三好達郎、小金井逸人、潘鉉承、鈴木実、小野公二、中村浩之、第8回日本中性子捕捉療法学会学術集会、(徳島)2011年9月16-17日

14.Identification of Heat Shock Protein (Hsp) 60 as a Primary Target of Carboranyl-phenoxyacetanilides, HIF-1α Inhibitors H. Nakamura、14th International Conference on Boron Chemistry、招待講演(Niagara Falls)2011年9月11-15日

13.Reactions of Propargylic Amines: Palladium-Catalyzed Hydride Transfer vs. Copper-Catalyzed Csp?Csp3 Bond Cleavage in Generation of Iminium Intermediates H. Nakamura、Asian Chemical Congress、招待講演(Bangkok)2011年9月5-9日

12.Synthesis of n-tetherd 1,6-enynes from propargylic amines and alkynes by zinc(ii)-catalyzed cross-dehydrogenative coupling (cdc) T. Sugiishi, H. Nakamura、The 16th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis(上海)2011年7月24-28日

11.ホウ素中性子捕捉療法 -がん細胞内部で放射線を発生させる次世代治療法 中村浩之、大阪市立大学工学部セミナー、招待講演(大阪)2011年7月22日

 

10.がんの低酸素環境応答と創薬ターゲット 中村浩之、有機合成化学協会ミニシンポジウム、招待講演(東京)2011年7月2日

9.Betulinic acid による低酸素誘導因子 HIF 阻害とその作用機序 ◯潘鉉承、峯岸秀充、中村浩之、第15回日本がん分子標的治療学会学術集会(東京)2011年6月22-24日

8.インデノピラゾール骨格を有する新規HIF-1阻害剤の開発 ◯峯岸秀充、潘 承、中村浩之、第15回日本がん分子標的治療学会学術集会(東京)2011年6月22-24日

7.YC-1を基本骨格としたHIF阻害剤の開発 ◯竹内彩乃、潘鉉承、口丸高弘、近藤科江、中村浩之、第15回日本がん分子標的治療学会学術集会(東京)2011年6月22-24日

6.がん中性子捕捉療法のための高集積ホウ素ナノデバイスの開発 ◯立川将士、猪俣竜、三好達郎、潘鉉承、李千萬、柳衛宏宣、鈴木実、小田雄介、丸山 雄、中村浩之、第27回日本DDS学会学術集会(東京)ポスタ ー、2011年6月9-10日

5.中性子でがんを治す‐がん細胞内部で放射線を発生させる次世代治療法とは?‐ 中村浩之、第27回日本DDS学会学術集会、企業セミナー(東京)2011年6月9-10日

4.オルトカルボラン含有HIF-1α阻害剤の開発 安井友香、丸山美菜子、◯峯岸秀充、潘鉉承、清水一希、中村浩之日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会(東京)ポスター、2011年5月23-25日

3.ジフェニルウレア誘導体のSUMO特異的プロテアーゼSENP-1選択的阻害活性 ◯高麗洋佑、宇野正治、潘鉉承、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会(東京)ポスター、2011年5月23-25日

2.HIF阻害剤GN26361の作用機序:HSP60阻害によるHIF-1αの安定化抑 ◯潘 鉉承、清水一希、峯岸秀充、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会(東京)ポスター、2011年5月23-25日

1.Possibility of Liposomal Boron Delivery System in BNCT H. Nakamura、Trilaterla Meeting on BNCT(大阪)、2011年5月20-21日

2010年度

50.インデノピラゾール骨格を有するHIF-1 阻害剤の開発 峯岸秀充、◯深代真司、潘鉉承、中村浩之、第9回がんとハイポキシア研究会(静岡)、2011年3月28-31日

49.低酸素誘導因子(HIF)- 1α 阻害剤YC - 1誘導体の合成 ◯堀牧人、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第131年会(静岡)、2011年3月28-31日

48.中性子捕捉療法と光線力学的療法の複合的治療を可能とするDDS型ホウ素ナノデバイスの開発 ◯猪俣竜、E. El-Zaria MOHAMED、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第131年会(静岡)、2011年3月28-31日

47.がん中性子補促療法のためのホウ素リポソーム製剤の開発 ◯立川将士、猪俣竜、潘鉉承、小田雄介、丸山一雄2、中村浩之、日本薬学会第131年会(静岡)、2011年3月28-31日

46.HIF阻害剤GN26361 の作用機序 ◯潘鉉承、清水一希、峯岸秀充、中村浩之、日本薬学会第131年会(静岡)、2011年3月28-31日

45.亜鉛(II)存在下におけるプロパルギルアミンとアルキンの水素トラップ型クロス脱水素化カップリング(CDC) ◯杉石露佳、中村浩之、日本化学会第91春季年会(神奈川)、2011年3月26-29日

44.銅触媒を用いたプロパルギルアミンの脱 アセチレンを伴うカップリング反応 ◯金 容恩、杉石 露佳、中村浩之、日本化学会第91春季年会(神奈川)、2011年3月26-29日

43.Dodecaborate Lipid Liposomes as New Vehicles for Boron Delivery System of Neutron Capture Therapy H. Nakamura、International Conference on Biomaterials Science 2011、招待講演、筑波、2011年3月15-19日

42.肝臓癌に対する中性子捕捉療法の応用に向けたリポソーマル・ボロンデリバリーシステム の基礎的検討 柳衛宏宣、鈴木実、櫻井良憲、猪俣竜、櫻井由里子、毛利きくえ、篠原厚子、水町凉治、村田雄二、潘  鉉承、伊豫本直子、横山和仁、中村浩之、小野公二、中島淳、小野稔、江里口正純、高橋浩之、第7回東京大学医学部付属病院医工連携部発表会(東京)、 2011年2月2日

41.脱SUMO化酵素SENP1阻害剤の発見とHIF-1・抑制作用 宇野正治、◯高麗洋佑、潘鉉承、中村浩之、第8回がんとハイポキシア研究会、札幌、2011年1月29-30日

40.YC-1の簡便な合成法と標的タンパク同定のためのケミカルプローブ合成 ◯竹内彩乃、潘鉉承、中村浩之、第8回がんとハイポキシア研究会、札幌、2011年1月29-30日

39.HIF阻害剤GN26361の作用機序の解明 ◯潘鉉承、清水一希、峯岸秀充、中村浩之、第8回がんとハイポキシア研究会、札幌、2011年1月29-30日

38.ホウ素でがんに挑む -低酸素応答と新生血管に着目して- 中村浩之、日本農芸化学会関東支部例会シンポジウム「有機合成の可能性・生命現象を探る」招待講演 、東京、2011年1月22日

37.がんの血管新生に着目した創薬アプローチ 中村浩之、東京工業大学工学部講演会、依頼講演、東京、2011年1月19日

36.ホウ素ナノ粒子で中性子捕捉療法に挑む 中村浩之、第20回インテリジェント材料/システムシンポジウム、招待講演、東京、2011年1月6日

35.Discovery of carboranes as 20S proteasome activators ◯H. Minegishi、M. Maruyama、Y. Yasui、K. Shimizu、H. Ban、H. Nakamura、2010環太平洋国際化学会議、Honolulu(ハワイ)、2010年12月15-20日

34.Synthesis and liposome formation of dodecaborate-coniugated cholesterols for efficient boron delivery system on neutron capture therapy ◯T. Miyoshi、H. Ban、H. Nakamura、2010環太平洋国際 化学会議、Honolulu(ハワイ)、2010年12月15-20日

33.Structure-activity relationship of 1-[4-(N-benzylamino)phenyl]-3-phenylurea derivatives as HIF-1α inhibitors ◯Y. Koma、M. Uno、H. Ban、H. Nakamura、2010環太平洋国際化学会議、Honolulu(ハ ワイ)、2010年12月15-20日

32.Development of closo-dodecaborates for liposomal boron delivery of neutron capture therapy ◯S. Tachikawa、H. Nakamura、2010環太平洋国際化学会議、Honolulu(ハワイ)、2010年12月15-20日

31.Discovery of carborane-conjugated triazines as topoisomerase inhibitors ◯A. Takeuchi、A. Shoji、H. Ban、T. Yamori、H. Nakamura、2010環太平洋国際化学会議、Honolulu(ハワイ)、2010年12月15 -20日

30.Action mechanism of HIF-1α inhibitor GN26361: Identification of target protein with multifunctional molecular probe ◯H. Ban、K. Shimizu、H. Minegishi、H. Nakamura、2010環太平洋国際化学会 議、Honolulu(ハワイ)、2010年12月15-20日

29.Synthesis of triazolyl methyl-substituted thio-, amino-, and oxy-undecahydrododecaborates for potential application to boron neutron capture therapy ◯H. Nakamura、M. E. El-Zaria、H. Ban、 A. R. Genady、2010環太平洋国際化学会議、Honolulu(ハワイ)、2010年12月15-20日

28.Development of boron lipid liposomes for neutron capture therapy ◯H. Nakamura、M. Ueno、N. Ueda、R. Inomata、H. Ban、2010環太平洋国際化学会議、Honolulu(ハワイ)、2010年12月15-20日

27.低酸素誘導因子シグナルを標的とした創薬研究の現状 中村浩之、日本放射線腫瘍学会第23回学術大会、招待講演、東京、2010年11月20日

26.カルボラニルトリアジン誘導体の選択的トポイソメラーゼ阻害活性 ◯三好達郎、Mohamed E. El-Zaria、潘鉉承、中村浩之、第29回メディシナルケミストリーシンポジウム、京都、2010年11月17-19日

25.カルボラン含有低分子20S プロテアソーム活性化剤の開発 ◯峯岸秀充、潘鉉承、丸山美菜子、安井友香、清水一希、中村浩之、第29回メディシナルケミストリーシンポジウム、京都、2010年11月17-19日

24.ホウ素含有コレステロールの開発:クリック反応によるイメージングとリポソーム化 ◯竹内彩乃、東海林篤、潘鉉承、矢守隆夫、中村浩之、第29回メディシナルケミストリーシンポジウム、京都、2010年11月 17-9日

23.HIF阻害剤 GN26361の標的分子HSP60の同定 ◯潘鉉承、清水一希、峯岸秀充、中村浩之、第29回メディシナルケミストリーシンポジウム、京都、2010年11月17-19日

22.Biodistribution of BSH-encapsulated boron liposome in mouse glioma F. Yoshida、K. Nakai、T. Isobe、R. Inomata、A. Zaboronok、Y. Yamamoto、M. Shirakawa、T. Yamamoto、A. Matsumura、H. Nakamura、14th International Congress Neutron Capture Therapy, Buenos Aires(アルゼンチン)、2010年10月25-29日

21.Boron Lipid Liposomes: EPR Effect and Fluorescence Imaging ◯H. Nakamura、N. Ueda、H. S. Ban、K. Maruyama、M. E. El-Zaria、14th International Congress Neutron Capture Therapy, Buenos Aires (アルゼンチン)、2010年10月25-29日

20.Development of Boron-Containing Protoporphyrin IX Derivatives for Boron Neutron Capture Therapy and Photodynamic Therapy ◯R. Inomata、M. E. El-Zaria、H. S. Ban、H. Nakamura、14th International Congress Neutron Capture Therapy, Buenos Aires(アルゼンチン)、2010年10月25-29日

19.HIF-1を標的としたベンゾオキサゾール骨格を有するカルボラン化合物の合成と生物活性評価 ◯安井友香、清水一希、丸山美菜子、潘鉉承、中村浩之、第40回複素環化学討論会、仙台、2010年10月14-16日

18.カルボラン含有トリアジン誘導体のトポイソメラーゼ阻害活性 ◯東海林篤、竹内彩乃、潘鉉承、Kang Sang Ook、矢守隆夫、中村浩之、第40回複素環化学討論会、仙台、2010年10月14-16日

17.ホウ素の力でがんに挑む 中村浩之、学習院大学生命科学シンポジウム『生命の秘密を解く鍵をもとめて』(第8回)、依頼講演、東京、2010年10月9日

16.1価の銅触媒存在下におけるプロパルギルアミン類のアルキン置換反応 ◯杉石露佳、中村浩之、第57回有機金属化学討論会、東京、2010年9月16-18日

15.がんの低酸素環境応答に着目した創薬アプローチ 中村浩之、日本化学会第4回関東支部大会(2010)、依頼講演、筑波、2010年8月30-31日

14.New Strategy for Synthesis of Mercaptoundecahydrododecaborate Derivatives via Click Chemistry: Possible Boron Carriers and Visualization in Cells for Neutron Capture Therapy ◯M. E. El- Zaria、A. R. Genady 中村浩之、第7回日本中性子捕捉療法学会学術集会、東京、2010年8月5-6日

13.トランスフェリン修飾ホウ素リポソームによるBNCT効果 ◯猪俣竜、上野学、立川将士、三好達郎、Mohamed E. El-Zaria、潘鉉承、小田雄介、鈴木亮、丸山一雄、中村浩之、第7回日本中性子捕捉療法学会学術 集会、東京、2010年8月5-6日

12.カルボラン含有小分子化合物GN26361による低酸素誘導因子(HIF)阻害と作用機序 ◯潘鉉承、清水一希、峯岸秀充、中村浩之、第7回日本中性子捕捉療法学会学術集会、東京、2010年8月5-6日

11.低酸素誘導因子(HIF) 阻害剤GN26361 の作用機序の解明 潘鉉承、清水一希、峯岸秀充、中村浩之、 第14回日本がん分子標的治療学会学術集会 、東京、2010年7月6-8日

10.カルボラン含有低分子20S プロテアソーム活性化剤の開発 ◯峯岸秀充、清水一希、潘鉉承、中村浩之、 第14回日本がん分子標的治療学会学術集会 、東京、2010年7月6-8日

9.カルボラン含有トリアジン類のトポイソメラーゼ阻害活性 ◯東海林篤、潘鉉承、矢守隆夫、中村浩之、 第14回日本がん分子標的治療学会学術集会 、東京、2010年7月6-8日

8.脱SUMO 化酵素SENP-1 阻害剤の発見 ◯中村浩之、宇野正治、潘鉉承、 第14回日本がん分子標的治療学会学術集会 、東京、2010年7月6-8日

 

7.Liposomal Boron Delivery System for Neutron Capture Therapy of Cancers 中村浩之、第49回日本生体医工学会大会、招待講演、(大阪)、2010年6月25-27日

6.Boron-Containing Phenoxyacetanilide DHypoxia-Inducible Factor (HIF)-1α Inhibitors H. Nakamura、 Boron in the Americas XII、Michigan(アメリカ合衆国)2010年6月6-10日

5.低酸素誘導因子(HIF)-1α阻害剤の開発 ◯高麗洋佑、宇野正治、潘鉉承、中村浩之、第59回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京)、2009年5月22日

4.カルボラン含有低分子20Sプロテアソーム活性化剤の開発 ◯峯岸秀充、潘鉉承、丸山美菜子、安井友香、清水一希、中村浩之、第59回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(東京)、2009年5月22日

3.カルボラン含有トリアジン類のトポイソメラーゼ阻害活性 ◯竹内彩乃、東海林篤、潘鉉承、矢守隆夫、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会 第5回年会(横浜)、2010年5月18-19日

2.脱SUMO化酵素SENP-1阻害剤の発見と低酸素誘導因子抑制作用 ◯中村浩之、宇野正治、潘鉉承、日本ケミカルバイオロジー学会 第5回年会(横浜)、 2010年5月18-19日

1.イオン性ホウ素クラスターのクリック型環化反応の開発と細胞内イメージング ◯M. E. El-Zaria、A. R. Genady、潘鉉承、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会 第5回年会(横浜)、2010年5月18-19日

2009年度

34.ホウ素の中性子捕捉反応を利用した低侵襲細胞選択的放射線療法 ◯中村浩之、日本薬学会第130回年会シンポジウム「異分野技術の融合による次世代の医療基盤技術の構築に向けて」、オーガナイザー、岡山、2010年3月28-30日

33.蛍光標識ホウ素ナノカプセルの開発と細胞内イメージング ◯上田記子、潘鉉承、中村浩之、 日本薬学会第130回年会、岡山、2010年3月28-30日

32.VEGFR阻害剤によるHIF活性化抑制とその作用機序 ◯潘鉉承、宇野正治、中村浩之、日本薬学会第130回年会、岡山、2010年3月28-30日

31.インデノピラゾール骨格を有する新規HIF-1α 阻害剤の開発 ◯田中優子、臼井大晃、潘鉉承、浅井章良、中村浩之、日本薬学会第130回年会、岡山、2010年3月28-30日

30.アリルトリフルオロボレートを用いた触媒的ビス-π- アリルパラジウム反応 ◯清水一希、中村浩之、日本薬学会第130回年会、岡山、2010年3月28-30日

29.カルボラン含有低分子プロテアソーム活性化剤の開発 ◯峯岸秀充、丸山美菜子、安井友香、清水一希、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第130回年会、岡山、2010年3月28-30日

28.新規SUMO 特異的プロテアーゼ(SENP)阻害剤の開発 ◯宇野正治、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第130回年会、岡山、2010年3月28-30日

27.HIF-1α 抑制剤GN6767誘導体の創薬研究 宇野正治、◯高麗洋佑、潘鉉承、近藤科江、平岡眞寛、中村浩之、日本薬学会第130回年会、岡山、2010年3月28-30日

26.DDS型ホウ素デリバリーシステム開発 中村浩之、東京工業大学BNCT薬剤開発研究会、依頼講演、東京、 2010年3月18日

25.Development of closo-Dodecaborate-conjugated Protoporphyrin IXDerivatives for Neutoron Capture Therapy and Photodynamic Therapy◯ H. S. Ban, Mohamed El-Zaria, H. Nakamura、 International Symposium on Catalysisand Fine Chemicals 2009、ソウル(韓国)、2009年12月13-17日

24.Synthesis and Biological Evaluation of Carborane-Containing AryloxyacetylaminobenzeneBoronic Acids as HIF-1 Inhibitors◯ K. Shimizu, M. Maruyama, Y. Yasui, H. S. Ban, H. Nakamura、 InternationalSymposium on Catalysis and Fine Chemicals 2009、ソウル(韓国)、2009年12月13-17日

23.de novo Design and Synthesis of N-Benzylanilines as New Candidates for Anti-angiogenicAgents◯H. Nakamura、M. Uno、H. S. Ban、International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2009、 ソウル(韓国)、2009年12月13-17日

22.カルボラン含有トリアジン類によるトポイソメラーゼ及びHIF阻害作用 ◯潘 鉉承、矢守隆夫、中村浩之、第7回がんとハイポキシア研究会、京都、 2009年12月5-6日

21.ホウ素の特性を活かした創薬研究 中村浩之、第28回メディシナルケミストリーシンポジウム、招待講演、東京、 2009年11月25-27日

20.カルボランの立体電子的効果を利用した低酸素誘導因子(HIF-1)阻害剤の開発 ◯清水一希、丸山美菜子、安井友香、潘 鉉承、中村浩之、 第28回メディシナルケミストリーシンポジウム、東京、 2009年11月25 -27日

19.Cryptopleurine骨格を模倣した1,2-ジフェニルカルボラン誘導体の設計・合成とHIF-1α阻害活性 ◯田崎理沙、Mohamed E.、潘鉉承、中村浩之、第28回メディシナルケミストリーシンポジウム、東京、 2009年 11月25-27日

18.中性子捕捉治療法及び光線力学治療法に用いるホウ素含有ポルフィリンの開発 ◯潘 鉉承、Mohamed E.、中村浩之、第28回メディシナルケミストリーシンポジウム、東京、 2009年11月25-27日

17.Cu(I)-Catalyzed Alkyne-exchange Reaction of Propargylic Amines via Csp-Csp3Bond Cleavage◯杉石露佳、中村浩之、11th International Kyoto Conference on New Aspects ofOrganic Chemistry、京都、2009年11月9日~11月13日

16.Synthesis and Biological Evaluation of Carborane-Containing AryloxyacetylaminobenzeneBoronic Acids as inhibitors of Hypoxia-inducible Factor-1α◯安井友香、清水一希、丸山美菜子、潘 鉉承、 中村浩之、11th International Kyoto Conferenceon New Aspects of Organic Chemistry、京都、2009年11月9日~11月13日

15.ホウ素の創薬化学 中村浩之、中央大学理工学部セミナー、依頼講演、東京、2009年9月19-20日

14.Liposomal Boron Delivery System For Neutoron Capture Therapy H. Nakamura, Young Researchers BNCT Meeting in Mainz 2009、Mainz(ドイツ)、2009年9月29日-10月2日

13.ホウ素ナノカプセルの生体内イメージング ◯中村浩之、上田記子、田崎理沙、潘 鉉承、白石貢一、横山昌幸、米谷芳枝第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会、京都、2009年9月19-20日

12.不飽和アシル鎖ホウ素脂質による新規DDSナノキャリアーの開発 ◯猪俣竜、上野学、Mohamed E.、潘 鉉承、鈴木亮、丸山一雄、中村浩之第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会、京都、2009年9月19-20日

11.BNCTとPDTの融合治療を目指した次世代ホウ素ポルフィリンの開発研究 ◯潘 鉉承、Mohamed E.、猪俣竜、劉勇、小野公二、中村浩之第6回日本中性子捕捉療法学会学術大会、京都、2009年9月19-20日

10.次世代DDS型中性子捕捉治療に向けたホウ素ナノデバイスの開発 中村浩之、第25回DDS学会学術集会、招待講演、東京、2009年7月3-4日

9.がん中性子捕捉治療のための次世代ホウ素デリバリーシステム 中村 浩之、第4回 医薬品原料 国際展 ファーマ ジャパン、招待講演、東京、2009年7月1-3日

8.カルボラン含有トリアジン類によるトポイソメラーゼ阻害 ◯潘 鉉承、矢守 隆夫、中村 浩之 、第13回日本がん分子標的治療学会学術集会(徳島)、2009年6月24-26日

7.カルボランの立体電子的効果を利用した低酸素誘導因子 (HIF-1α) 阻害剤の開発 ◯清水 一希、潘 鉉承、中村 浩之、第13回日本がん分子標的治療学会学術集会(徳島)、2009年6月24-26日

6.新規低酸素誘導因子(HIF-1α)阻害剤の探索とその作用機序 ◯中村 浩之、潘 鉉承、第13回日本がん分子標的治療学会学術集会(徳島)、2009年6月24-26日

5.低酸素誘導因子(HIF)-1α抑制を指向したdiphenylurea 誘導体の合成とその作用機序 ◯宇野正治、潘鉉承、中村浩之、日本ケミカルバイオロジー学会 第4回年会(神戸)、 2009年5月18-19日

4.カルボラン誘導体の低酸素誘導因子(HIF-1α)阻害作用 ◯中村浩之、清水一希、丸山美菜子、潘鉉承、日本ケミカルバイオロジー学会 第4回年会(神戸)、 2009年5月18-19日

3.低酸素誘導因子(HIF)-1α抑制を指向したdiphenylurea 誘導体の合成とその作用機序 ◯宇野正治、潘鉉承、中村浩之、第57回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(早稲田)、2009年5月 9-10日

2.アレン含有EGFR チロシンキナーゼ阻害剤の合成とその非可逆的阻害作用 ◯田中優子、潘鉉承、中村浩之、第57回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(早稲田)、2009年5月 9-10日

1.銅(I)触媒下sp3 炭素-sp 炭素結合開裂を伴うプロパルギルアミンのアルキン交換反応 ◯杉石露佳、中村浩之、第57回有機合成化学協会関東支部シンポジウム(早稲田)、2009年5月 9-10日

2008年度

36.カルボラン含有トリアジン類のトポイソメラーゼ阻害活性 潘鉉承、矢守隆夫、Kang Sang Ook、○中村浩之、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3月26-28日

35.中性子捕捉療法のためのホウ素デリバリーシステムの開発 上野学、「多分野で応用される新規DDS技術」、院生ジンポジウム、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3月26-28日

34.アレンの特異な反応性を利用した非可逆的EGFRチロシンキナーゼ阻害剤の開発および生物性評価 ○田中優子、羽鳥雅子、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3月26-28日

33.Hypoxia-Inducible Factor-1 (HIF-1) 活性化阻害能を有するホウ素化合物の開発 ○清水一希、丸山美菜子、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3月26-28日

32.カルボランの立体電子的効果を利用したHIF-1阻害剤の開発 ○丸山美菜子、清水一希、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3月26-28日

31.低酸素誘導因子 (HIF) -1a 活性化阻害剤:1-[4-(N-Benzylamino)]Pheny1-3-phenylurea誘導体の合成及び生物活性評価○宇野正治、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3 月26-28日

30.ホウ素含有4-アニリノキナゾリンによるEGFRチロシンキナーゼ持続的抑制作用 ○鍋山航、臼井大晃、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3月26-28日

29.VEGF阻害剤AAL993によるHIF-1活性化抑制とその作用機序 ○潘鉉承、宇野正治、中村浩之、日本薬学会第129回年会、京都、2009年3月26-28日

28.ホウ素中性子捕捉療法~次世代の細胞選択的放射線療法を目指して~ 中村浩之、学際生命科学東京コンソーシアムシンポジウム 第1回 『限りなく広がる「いのち」の科学』招待講演、東京、2009年3月14日

27.腫瘍血管新生を標的とした創薬アプローチ 中村浩之、第2回高度医療都市を創出する未来技術国際シンポジウム、特別講演、岡山、2009年2月5日

26.VEGFR 阻害剤AAL993によるHIF活性化抑制作用 ○潘鉉承、宇野正治、中村浩之、第6回がんとハイポキシア研究会、広島、2008年11月29-30日

25.酸素誘導因子(HIF)-1alpha活性化阻害剤:1-[4-(N-Benzylamino)]phenyl-3-phenylurea誘導体の合成及び生物活性評価 ○宇野正治、潘鉉承、中村浩之、第6回がんとハイポキシア研究会、広島、2008年 11月29-30日

24.カルボランの立体電子的効果を利用した HIF-1α阻害剤の開発 ○丸山美菜子、清水一希、潘鉉承、中村浩之、第6回がんとハイポキシア研究会、広島、2008年11月29-30日

23.Hypoxia-Inducible Factor (HIF)活性化阻害能を有するホウ素化合物の開発 ○清水一希、丸山美菜子、潘鉉承、中村浩之、第6回がんとハイポキシア研究会、広島、2008年11月29-30日

22.VEGFR 阻害剤 AAL993 による HIF 活性化抑制作用 ○潘鉉承、宇野正治、中村浩之、第27回メディシナルケミストリーシンポジウム、大阪、2008年11月26-28日

21.低酸素誘導因子(HIF)-1alpha活性化阻害剤:1-[4-(N-Benzylamino)phenyI]-3-phenylurea誘導体の合成及び生物活性評価 ○宇野正治、潘鉉承、中村浩之、第27回メディシナルケミストリーシンポジウ ム、大阪、2008年11月26-28日

20.EGFRチロシンキナーゼへの非可逆的阻害作用を指向したアレニルキナゾリンの開発と生物活性評価 ○田中優子、羽鳥雅子、潘鉉承、中村浩之、第27回メディシナルケミストリーシンポジウム、大阪、 2008年 11月26-28日

19.BNCTにおける薬剤開発の現状と展望 中村浩之、第2回放射線・粒子線応用研究会、招待講演、東京、2008年11月13日

18.Development of Boron Nano Capsules for Neutron Capture Therapy ○H. Nakamura, M. Ueno, H. S. Ban, K. Nakai, K. Tsuruta, Y. Kaneda, A. Matsumura,13th International Congress on Neutron Capture Therapy, 口頭発表、Florence(イタリア)、2008年11月2-7 日

17.Intracellular uptake of a new boronated porphyrin EC032 ○T. Tsurubuchi, T. Yamamoto, K. Nakai, F. Yoshida, M. Miyakawa, M. Shirakawa,M. Ueno, M. Matsuda, Y. Nakae, R. Asano, A. Matsumura, 13th InternationalCongress on Neutron Capture Therapy, ポスター、Florence(イタリア)、2008年 11月2-7 日

16.Design and Synthesis of closo-Dodecaborate Lipids: Application to LiposomalBoron Delivery System for Neutron Capture TherapyH. Nakamura, International Conference on Boron Chemistry IMEBORON XIII、招待講演、Platjad’Aro(スペイン)2008年9月21-25日

15.中性子捕捉がん治療のための次世代ホウ素デリバリーシステム 中村浩之、第17回DDSカンファランス、特別講演、静岡、2008年9月20日

14.Development of HIF-1a inhibitor: Inhibition by VEGFR inhibitor AAL993 ofHIF-1a activation○潘鉉承、宇野正治、中村浩之、第9回文部科学省特定領域研究「がん」5領域若手研究者ワークショップ、茅 野、2008年9月3-6日

13.ホウ素ナノカプセルを用いた中性子捕捉治療 ○中村浩之、上野学、潘鉉承、J.-D. Lee、中井啓、鶴田和太郎、松村明、金田安史、第3回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会、茨城、2008年8月18- 19日

12.DDS型ホウ素デリバリーシステムの現在地 中村浩之、第5回日本中性子捕捉療法学会学術大会、教育講演、倉敷、2008 年7月25-26日

11.ホウ素リポソームの血中安定性向上を目指した新規ホウ素脂質の開発 ○上野学、野村直裕、潘鉉承、中村浩之、第5回日本中性子捕捉療法学会学術大会、口頭発表、倉敷、2008 年7月25-26日

10.Boronated Liposomes for Neutron Capture Therapy of Cancer ○H. Nakamura, M. Ueno, H. S. Ban, K. Nakai, K. Tsuruta, Y. Kaneda, A. Matsumura,11th Liposome Research Days Conference 、横浜、2008年7月19-22日

9.Boron Nano Capsules for neutron Capture Therapy of Cancer ○H. Nakamura, M. Ueno, H. S. Ban, K. Nakai, K. Tsuruta, Y. Kaneda, A. Matsumura,XXIII International Congress on Organometallic

Chemistry, 口頭発表、Rennes(フランス)、2008年7月13-18日

8.ホウ素ナノカプセルの開発と中性子捕捉治療効果 ○中村浩之、上野学、潘鉉承、中井啓、金田安史、松村明、第24回日本DDS学会、東京、2008年6月29-30日

7.ホウ素を基軸とした創薬アプローチ 中村浩之、第12回がん分子標的治療研究会総会、招待講演、東京、2008年6月 26-27日

6.アレンの特異的な反応性を利用した非可逆的EGFRチロシンキナーゼ阻害剤の開発 ○田中優子、潘鉉承、中村浩之、第 12回がん分子標的治療研究会総会、東京、2008 年6月26-27日

5.ホウ酸基を導入したBelactosin誘導体によるプロテアソーム阻害作用 ○上田記子、潘鉉承、中村浩之、第12回がん分子標的治療研究会総会、東京、2008 年6月26-27日

4.Hypoxia-Inducible Factor-1 (HIF-1)活性化阻害能を有するホウ素化合物の開発 ○清水一希、潘鉉承、中村浩之、第12回がん分子標的治療研究会総会、東京、 2008年6 月26-27日

3.Develop ment of Boron Nano-Capsules for Neturon CaptureTherapy. K. Nakai、H. Nakamura、Lee. Chunman、Y. Kaneda、A. Matsumura、Paticle 2008USA、Orland(アメリカ)、2008年5月 10-1日

2.Boronic Acid as an Alternative Functional Group for Drug Design. H. Nakamura, Exploratory Workshop-BioBor、 招待講演、Lodz (ポーランド)2008年5月 9-11日

 

1.de novo 分子設計法を用いた血管内皮増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤の開発 ○宇野正治、潘鉉承、中村浩之、第55回有機合成化学協会関東支部シンポジウム、2008年5月 9-10日

2007年度

38.中性子捕捉療法のためのホウ素リポソームの開発 ○上野学、丸山美菜子、野村直裕、潘鉉承、中井啓、鶴田和太郎、松村明、金田安史、中村浩之、日本薬学会第128回年会、横浜、2008年3月26-28日

37.de novo分子設計法を用いた血管内皮増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤の開発 ○宇野正治、潘鉉承、鍋山航、中村浩之、日本薬学会第128回年会、横浜、2008年3月26-28日

36.プロテアソーム阻害剤を指向した新規ペプチドホウ酸の合成と生物活性評価 ○渡邉自由、谷中佳代子、上田記子、潘鉉承、中村浩之、日本薬学会第128回年会、横浜、2008年3月26-28日

35.ホウ素と中性子でがんを治す! ○上野学、丸山美菜子、野村直裕、潘鉉承、中井啓、鶴田和太郎、松村明、金田安史、中村浩之、講演ハイライト(ポスター展 示:医薬化学)、日本薬学会第128回年会、横浜、2008年3月26-28日

34.De novo分子設計法を用いた上皮細胞増殖因子受容体の細胞外ドメイン標的阻害剤の開発 ○丸山美菜子、潘 鉉承、中村浩之、日本化学会第88回春季年会、東京、2008年3月26-30日

33.プロテアソーム阻害剤を指向した新規ペプチドホウ酸の合成と生物活性評価 ○上田 記子・渡邉 自由・谷中 佳代子・潘 鉉承・中村 浩之、日本化学会第88回春季年会、東京、2008年3月26-30日

32.1価の銅触媒を用いたプロパルギルアミンのアミン交換反応 ○杉石露佳・木村聡文・小名木信耶・中村浩之、日本化学会第88回春季年会、東京、2008年3月26-30日

31.マイクロウェーブによるCrabbé型アレン合成反応の開発 ○田中優子・杉石露佳・中村浩之、日本化学会第88回春季年会、東京、2008年3月26-30日

30.ホウ素デリバリーシステムを用いた中性子捕捉がん治療 中村浩之、第6回遺伝子治療シンポジウム、招待講演、大阪、2008年2月1日

29.A Novel Synthesis of Allenes via Palladium-Catalyzed Hydride-Transfer Reaction H. Nakamura, Catalysts and Fine Chemicals 2007, 招待講演、 Singapore, 2007年12月17-21日

28.Copper(I)-catalyzed Amine Exchange Reaction of Propargylic Amine ○T. Sugiishi, A. Kimura, S. Onagi, H. Nakamura, Catalysts and Fine Chemicals2007, Singapore, 2007年12月17-21日

27.プロパルギルアミン類からの触媒的高度分子変換 中村浩之、日本プロセス学会合同シンポジウム、京都、2007年12月6-7日

26.Prolonged inhibitory activity of boron-conjugated 4-anilinoquinazoline againstEGFR tyrosine kinase, The 4th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences,東京、 2007年12月3-4日Ban, H. S., Usui, T., Nakamura, H.

25.de novo 分子設計法を用いた血管内皮増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤の開発 宇野正治、潘 鉉承、鍋山航、中村浩之、第26回メディシナルケミストリー、相模原、2007年11月28-30日

24.プロテアソーム阻害剤を指向した新規ペプチドホウ酸の設計、合成、生物活性評価 渡邉自由、谷中佳代子、上田記子、潘 鉉承、中村浩之、第26回メディシナルケミストリー、相模原、2007年11月28-30日

23.ホウ素を基軸とした創薬アプローチ-分子標的薬剤からホウ素ナノカプセルまで- 中村浩之、神奈川科学アカデミー合同セミナー、招待講演、神奈川、2007年 11月5日

22.中性子捕捉治療のためのホウ素脂質の分子設計とナノカプセル化 ○中村浩之、上野学、潘鉉承、中井啓、鶴田和太郎、金田安史、松村明、第54回有機金属化学討論会、広島、2007年10月27-28日

21.1価の銅触媒を用いたプロパルギルアミンのアミン交換反応 中村浩之、木村聡文、○杉石露佳、森口知彦、小名木信耶、第54回有機金属化学討論会、広島、2007年10月27-28日

20.Boron-based Drug Design for Cancer Therapy H. Nakamura, IUPAC 3rd International Symposium on Novel Materialsand Synthesis、招待講演、 上海(中国)、2007年10月17-21日

19.Boron-based Drug Design –from Kinase Inhibitors to Neutron CaptureTherapy-中村浩之、大連理工大学精細化工院、招待講演、大連(中国)、2007年10月15 日

18.次世代中性子捕捉治療へ向けたホウ素デリバリーシステムの開発-ホウ素脂質のデザインから腫瘍へのターゲティングまで 中村浩之、第1回DDS NEDO特別講座シンポジウム、招待講演、東京、2007年10月13日

17.中性子捕捉治療のための次世代DDS型ホウ素ナノカプセルの開発 中村浩之、第69回日本血液学会、第49回日本血液臨床学会、招待講演、横浜、2007年10月11日

16.Boron Delivery System for Neutron Capture Therapy H. Nakamura, 2007 International BNCT Workshop in Korea, 招待講演、Chochiwon(韓国)2007年10月 5-6日

15.ホウ素の特性を活かした創薬アプローチ 中村浩之、帝人ファーマセミナー、招待講演、東京、2007年9月20日

14.Boron Nano Capsules for neutron Capture Therapy 〇H. Nakamura, M. Ueno, J.-D. Lee, H. S. Ban, K. Nakai, Y. Kaneda, A. Matsumura,Euroboron 4, Bremen(ドイツ)、2007年9月2-6日

13.Discovery of Boron Conjugated 4-Anilinoquinazolines as EGFR Tyrosine KinaseInhibitors〇T. Usui, H. S. Ban, H. Nakamura, Euroboron 4, Bremen(ドイツ)、2007年9月2-6日

12.Synthesis of Boron Containing Quinazolines: Control of Inhibitoty Activityagainst EGFR and VEGFR2 Tyrosine Kinase by a Boronic Acid Substituent〇H. S. Ban, R. Horikoshi, H. Nakamura, Euroboron 4, Bremen(ドイツ)、2007年9月2-6日

11.Design, Synthesis, and Biological Evolution of New Peptide Boronic Acidsas Proteasome Inhibitors〇M. Watanabe, H. S. Ban, H. Nakamura, Euroboron 4, Bremen(ドイツ)、2007年9月2-6

10.低毒性ホウ素脂質の設計とリポソーム化 〇上野学、丸山美菜子、野村直裕、Jong-Dae Lee、Hyun Seung Ban、中村浩之、第4回日本中性子捕捉療法学会、大阪、2007年8月25-26日

9.低毒性ホウ素リポソームの生物学的評価とBNCT効果 〇丸山美菜子、上野学、野村直裕、Hyun Seung Ban、中村浩之、中井啓、鶴田和太郎、金田安史、松村明、 第4回日本中性子捕捉療法学会、大阪、2007年8月 25-26日

8.新しいホウ素デリバリーシステムにむけた基礎的研究とJRR4における動物実験の実際 〇中井 啓、山本哲哉、鶴淵隆、吉田文代、鶴田和太郎、松田真秀、松村 明、上野 学、丸山美菜子、鍋山 航、潘 鉉承 、中村浩之、新保敬史、金田安史、藤井 仁、李 千萬、第4回日本中性子捕捉療法学会、大阪、2007年8月25-26日

7.Controlled Inhibition of EGFR and VEGFR2 Protein Tyrosine Kinases by a BoronicAcid Substituent on 4-AnilinoquinazolinesH. Nakamura, R. Horikoshi, T. Usui, H. S. Ban, 12th Asian Chemical Congress(12ACC), Kuala Lumpur (マレーシア) 、2007年8月23-25日

6.Copper (I)-Catalyzed Amine Exchange Reaction of Propargylic Amines ○T. Sugiishi, A. Kimura, T. Moriguchi, S. Onagi, H. Nakamura, 14thIUPAC Symposium on Organometallic Chemistry Directed towards Organic Synthesis(OMCOS 14)、奈良、2005年8月2-6日

5.Design and Synthesis of Biologically Active Allenes via Palet” type=”text/css”>ladium- CatalyzedHydride-Transfer Reaction of Propargylic Amines○H. Nakamura, S. Onagi, H. S. Ban, 14th IUPAC Symposium on OrganometallicChemistry Directed towards Organic Synthesis (OMCOS 14)、奈良、2007年8月2-6日

4.ホウ素ナノカプセルを用いた中性子捕捉治療 ○中村浩之、上野学、Jong-Dae Lee、Ban Hyun Seung、中井啓、金田安史、松村明、第11回がん分子標的治療研究会総会、大阪、2007年7月5日

3.次世代中性子捕捉療法のためのDDSの開発 ○中村浩之、金田安史、松村明、日本DDS学会、招待講演、熊本、2007年、6月14-15日

2.次世代中性子捕捉治療のためのホウ素ナノカプセルの開発 ○上野学、Jong-Dae Lee、Ban Hyun Seung、中村浩之、遺伝子・デリバリー研究会、東京、2007年、5月18日

1.ホウ素を基軸とした創薬アプローチ 中村浩之、第17回万有福岡シンポジウム、招待講演、福岡、2007年5月12日

2006年度

27.パラジウム触媒を用いたヒドリド転位型二置換アレン合成 石倉誠、○杉石露佳、中村浩之、日本薬学会第127回年会、富山、2007年3月28日~3月30日

26.in silico スクリーニングにより見出したインデノピタゾール骨格を有するチロシンキナーゼ阻害剤の開発 ○臼井大晃、Ban Hyun Seung、川田純平、広川貴次、中村浩之、日本薬学会第127回年会、富山、2007 年3月28日~3月30日

25.アレニルキナゾリン化合物の合成と生物活性評価 ○鍋山航、小名木信耶、Ban Hyun Seung、中村浩之、日本薬学会第127回年会、富山、2007年3月28日~3月30日

24.4-アニリノキナゾリン骨格におけるホウ素置換部位によるチロシンキナーゼ選択的阻害活性 ○Ban Hyun Seung、堀越良爾、鍋山航、中村浩之、日本薬学会第127回年会、富山、2007年3月28日~3月30日

23.パラジウム触媒を用いたトリクロロメチル基の付加を伴う1,2-ジヒドロイソキノリン化合物の合成 ○齋藤洋行、中村浩之、日本薬学会第127回年会、富山、2007年3月28日~3月30日

22.ホウ素ナノカプセルの開発と中性子捕捉治療 中村浩之、日本薬学会第127回年会、シンポジウムS6「第4回若手が拓く新しい薬剤学:DDSにおけるリポソーム研究の最前線」、依頼講演、富山、2007年3月28日~3月30日

21.低毒性ホウ素脂質の設計とデリバリーシステム 中村浩之、京都大学原子炉実験所平成18年度専門研究会、大阪、2007年2月

20・Design of Boron Cluster Lipids for Liposomal Boron Delivery System on NeutronCapture Therapy of CancersH. Nakamura, 2006 International Conference on Bio and Pharmaceutical Scienceand Technology, Session Organizer, San Diego(アメリカ)、2006年12月18日~12月23日

19.Boron Nano Capsule: Tumor Targeting Boron Delivery System for Neutron CaptureTherapy○H. Nakamura, Y. Miyajima, Y. Kuwata, S. Masunaga, K. Ono, K. Maruyama NANOBIO-TOKYO2006, 東京、2006年 12月4日~12月7日

18.病院併設型加速器中性子捕捉がん治療実用化に向けたホウ素デリバリーシステム 中村浩之、第12回創剤フォーラム若手シンポジウム、招待講演、神奈川、 2006年12月2日

17.4-アニリノキナゾリン環上のホウ酸基置換部位によるEGFR及びVEGFRチロシンキナーゼ阻害活性の制御 ○堀越良爾、潘鉉承、中村浩之、第25回メディシナルケミストリーシンポジウム、名古屋、2006年11月29 日~12月1日

16.Design of Organoboronic Acids for Targeting to Tumoral Vasculature System ○H. Nakamura, T. Usui, R. Horikoshi, H. Kuroda, H. S. Ban 10thInternational Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry、京都、2006年11月13日~11月17日

15.Synthesis of Allenes via Palladium-Catalyzed Hydride Transfer Reaction ofPropargylic Amines○Hiroyuki Nakamura, Shinya Onagi, Makoto Ishikura, Tsuyuka Sugiishi, TakayaKamakura 10th International Kyoto Conference on New Aspects ofOrganic Chemistry、京都、2006年11月13日~11月17日

14.Synthesis and Biological Evaluation of Benzamides and Benzamidines as SelectiveInhibitors of VEGFR Tyrosine Kinases○Masaharu Uno, Yusuke Sasaki, Tomohiro Yoshikawa, Toru Asano, Hyun Seung Ban,HiroyukiNakamura 10th International Kyoto Conference on New Aspects ofOrganic Chemistry、京都、2006年11月13日~11月17日

13.Structure Based Drug Design and Synthesis of Indenopyrazoles as EpidermalGrowth Factor Receptor Tyrosine Kinase Inhibitors by in silico Libraly Screening○Taikou Usui, Hyun Seung Ban, MInako Maruyama, Junpei Kawada, Takatsugu Hirokawa,Hiroyuki Nakamura 10th International Kyoto Conference on New Aspectsof Organic Chemistry、京都、2006年11月13日~11月17日

12.Synthesis and Liposome Formation of Boron Ion Cluster Lipid: New Boron DeliverySystem for Neutron Capture TherapyHiroyuki Nakamura, Jong-Dae Lee, ○Manabu Ueno, Yusuke Miyajiama, Hyun SeungBan 10th International Kyoto ConferenceonNew Aspects of OrganicChemistry、京都、2006年11月13日~11月17日

11.4-アニリノキナゾリン骨格へのホウ酸基導入によるEGFR およびVEGFRチロシンキナーゼ阻害活性制御 ○中村浩之、臼井大晃、堀越良爾、鍋山航、潘鉉承、第28回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム、静岡 、2006年11月9日~11月10日

10.チロシンキナーゼ分子標的とホウ素薬剤の分子設計 中村浩之、静岡県立大学、依頼講演、静岡、2006年11月9日

9.Transferrin-Conjugated Boron Cluster Liposome: Synthesis and IntracellularTargeting to Solid Tumors for Boron Neutron Capture Therapy○中村浩之、宮島祐介、桑田康弘、増永慎一郎、小野公二、丸 山一雄、12th International Congress onneutron Capture Therapy、Plenary Session、高松、2006年9月9日~9月13日

8.Synthesis and Liposome Formation of B12H11S-Substituted Lipids for BoronNeutron Capture Therapy○李宗大、中村浩之、12th International Congress on neutron Capture Therapy、高松、 2006年9月9日~9月13日

7.A New NEDO Research Project towards Hospital Based Accelerator BNCT UsingAdvanced DDS System○A. Matsumura, Y. Mori, Y. Kaneda, K. Hashimoto, H. Nakamura, T. Yamamoto,K.Nakai et. al. 12th International Congress on neutron CaptureTherapy、高松、2006年9月9日~9月13日

6.Synthesis of 1,3-Disubstituted Allenes from Propargylic Amines via Palladium-CatalyzedHydride-Transfer Reaction○中村浩之、石倉誠、杉石露佳、第53回有機金属化学討論会、大阪、2006年9月8日~9月 9日

5.Synthesis and Liposome Formation of B-10 Enriched B12H11S-Substituted Lipidsfor Boron Neutron Capture Therapy○李宗大、中村浩之、22th International Symposium on the Organic Chemistryof Sulfur (ISOCS-22)、埼玉、2006年8月20日~8月25日

4.Synthesis of Boron Containing Quinazolines: Unprecedented Control of Inhibitionstoward EGFR and VEGFR2 Protein Tyrosine Kinases by a Boronic Acid Substituent○中村浩之、臼井大晃、堀越良爾、 鍋山航、潘鉉承、Boron in the Americas X (BORAM X)、サンファン(プエルトリコ)、2006年8月2日~8月6日

3.EGFRチロシンキナーゼ阻害剤を指向したホウ酸キナゾリン誘導体の合成と生物活性 ○中村浩之、臼井大晃、堀越良爾、潘鉉承、上原至雅、渋谷正史、第10回がん分子標的治療研究会総会、東京、2006年6月15日~ 6月16日

2.Synthesis of Transferrin-loaded nido-Carborane Liposome. Intracellular Targetingto Solid Tumors for Boron Neutron Capture Therapy○中村浩之、宮島祐介、桑田康弘、増永慎一郎、小野公二、丸山一 雄、10th Liposome Research Days Conference、チャペルヒル(アメリカ)、2006年5月18日~5月21日

1.Transferrin-Loaded nido-Carborane Liposome: Synthesis and IntracellularTargeting to Solid Tumors for Boron Neutron Capture Therapy中村浩之、Particles 2006、 招待講演、フロリダ(アメリカ)、2006年5月13日~5月16日

2005年度

22.EGFRチロシンキナーゼ阻害を指向したアレニルキナゾリン誘導体の合成および生物活性評価 ○小名木信耶、中村浩之、日本化学会第86回春季年会、船橋、2006年3月27日~3月30日

21.EGFRチロシンキナーゼ阻害剤を指向したホウ素含有アニリノキナゾリン誘導体の合成および生物活性評価 ○堀越良爾、上原至雅、中村浩之、日本化学会第86回春季年会、船橋、2006年3月27日~3月30日

20.EGFR及びVEGFRチロシンキナーゼ阻害剤を指向したベンズアミジン誘導体の合成と生物活性評価 ○佐々木悠介、上原至雅、中村浩之、日本化学会第86回春季年会、船橋、2006年3月27日~3月30日

19.パラジウム触媒を用いた温和な条件下におけるプロパルギルアミンからのエン-アレン化合物の合成 ○田代智史、蒲倉貴耶、中村浩之、日本化学会第86回春季年会、船橋、2006年3月27日~3月30日

18.計算を活用した創薬アプローチの現状と今後の課題 ―有機合成化学者の立場から― 中村浩之、みずほ情報総研 「計算を活用した創薬の現状」セミナー、招待講演 、東京、2006年3月17日

17.Synthesis of Benzamidines as a Specific Inhibitor Targeting to EpidermalGrowthFactor Receptor and Vascular Endothelial Growth Factor Receptor Tyrosine Kinases○佐々木悠介、上原至雅、中村浩 之、Pacifichem、ホノルル(アメリカ)、2005年12月15日~12月20日

16.Synthesis of Heterocyclic Allenes via Palladium-catalyzed Hydride TransferReaction of Propargylic Amines○小名木信耶、蒲倉貴耶、中村浩之、Pacifichem、ホノルル(アメリカ)、2005年12月15日~ 12月20日

15.The Use of Boron Element for Design of Tyrosine Kinase Inhibitors 中村浩之、The GlaxoSmithKline Symposium 2005、招待講演、つくば、2005年11月9日

14.Palladium-Catalyzed Allene Transformation under Mild Conditions: Application tothe Synthesis of Conjugated Allenes○田代智史、蒲倉貴耶、中村浩之、第52回有機金属化学討論会、大阪、2005年9月 15日~9月16日

13.One-pot Synthesis of Allenes from Aryl Halides ○小名木信耶、蒲倉貴耶、中村浩之、第52回有機金属化学討論会、大阪、2005年9月15日~9月16日

12.Boron-Based Drug Design: Synthesis of Tubulin Polymerization Inhibitorsand Boronated Liposomes中村浩之、12th International Conference on Boron Chemistry、Keynote Lecture、仙台、2005年9月11日~9月15日

11.Synthesis of Dihydroxyborylanilinoquinazolines As EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors ○堀越良爾、山本浩嗣、中村浩之、12th International Conference on Boron Chemistry、仙台、2005 年9月11日~9月15日

10.Synthesis and Biological Evaluation of Coron Containing EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors ○臼井大晃、中村浩之、12th International Conference on Boron Chemistry、仙台、2005年9月 11日~9月15日

9.Visualization of DNA Double-Strand Breaks As a New In Vivo Evaluation Methodof Boron Carriers for Boron Neutron Capture Therepy○吉川智裕、中村浩之、増永慎一郎、小野公二、12th International Conference on Boron Chemistry、仙台、2005年9月11日~9月15日

8.トランスフェリン修飾型ホウ素化リポソームの開発とNCT効果 ○中村浩之、宮島祐介、桑田康宏、丸山一雄、増永慎一郎、小野公二、第2回中性子捕捉療法研究会、つくば、2005年7月30日~7月31日

7.DNA二重ら旋損傷の可視化による新しいin vivoホウ素化合物の評価方法の開発 ○吉川智裕、中村浩之、増永慎一郎、小野公二、第2回中性子捕捉療法研究会、つくば、2005年7月30日~7月31日

6.Synthesis of Allenes via the Palladium-Catalyzed Hydride Transfer Reactionof Propargylic Amines○中村浩之、蒲倉貴耶、小名木信耶、J. F. Biellmann、13th IUPAC Symposium on   OrganometallicChemistry Directed towards Organic Synthesis、ジュネーブ(スイス)、2005年7月17日~7月21日

5.Boron-Based Drug Design 中村浩之、University of Bremen、依頼講演、Bremen (ドイツ)、2005年7月15日

4.ホウ素含有チューブリン重合阻害剤の合成と生物活性 ○中村浩之、矢守隆夫、第9回がん分子標的治療研究会総会、京都、2005年6月30日~7月1日

3.ドッキングシミュレーションによるキナーゼ阻害剤の分子設計:有機合成化学者のツールとしてのDSモデリング 中村浩之、CBI学会第254回研究講演会、依頼講演 、東京、2005年6月22日

2.中性子捕捉治療のための高効率ホウ素送達システム:トランスフェリン修飾型ホウ素リポソームの開発 ○中村浩之、宮島祐介、桑田康宏、丸山一雄、増永慎一郎、小野公二、第14回DDSカンファレンス、静岡、 2005年6月4日

1.骨密度と関連する臓器非特異型アルカリホスファターゼ(TNSALP)遺伝子多型の道程とその発現解析 〇五関・曽根正江、曽我部夏子、福士・入江真理子、溝井レナ、折茂英生、鈴木隆雄、中村浩之、折茂肇、細 井孝之、第59回日本栄養・食糧学会、東京、2005年5月12日~5月15日

2004年度

28.ホウ素の特性を活かしたチューブリン重合阻害剤の開発 ○黒田寛和、斉藤宏幸、芳賀達也、中村浩之、日本薬学会第125回年会、東京 、2005年3月29日~3月31日

27.ホウ素中性子捕捉反応によるDNA損傷のγH2AXの可視化による評価 ○吉川智裕、中村浩之、吉田佳世、森田隆、小野公二、日本薬学会第125回年会、東京、2005年3月29日~3月31日

26.新規ホウ素クラスターリポソームの開発と腫瘍組織への高濃度ホウ素集積化 ○宮島祐介、中村浩之、武井俊朗、桑田康宏、丸山一雄、日本薬学会第125回年会、東京、2005年3月29日~3月31日

25.アリールハライドとプロパルギルアミンからのアレン一気合成 ○蒲倉貴耶、中村浩之、日本化学会第85回春季年会、神奈川、2005年3月26日~3月29日

24.アルデヒドから2段階アレン変換反応の開発 石倉誠、蒲倉貴耶、○中村浩之、日本化学会第85回春季年会、神奈川、2005年3月26日~3月29日

23.パラジウム触媒を用いたプロパルギルアミンのアレン変換反応-窒素上の置換基による加速効果- ○田代智史、蒲倉貴耶、中村浩之、日本化学会第85回春季年会、神奈川、2005年3月26日~3月29日

22.プロパルギルアミンのパラジウム触媒下水素移動反応を用いたアレニルへテロ環化合物の合成 ○小名木信耶、中村浩之、日本化学会第85回春季年会、神奈川、2005年3月26日~3月29日

21.ホウ素含有EGFRチロシンキナーゼ阻害剤の合成および生物活性評価 ○臼井大晃、中村浩之、日本化学会第85回春季年会、神奈川、2005年3月26日~3月29日

20.VEGFRチロシンキナーゼ阻害を指向したアントラニルアミド誘導体の合成と生物活性評価 ○宇野正治、吉川智裕、山本浩嗣、上原至雅、中村浩之、日本化学会第85回春季年会、神奈川、2005年3月26日~3月29日

19.ホウ素イオンクラスターリポソームの開発とがん組織へのターゲティング ○宮島祐介、吉川智裕、中村浩之、丸山一雄、増永慎一郎、小野公二、京都大学原子炉実験所、平成16年度専門研究会、大阪、2005年2 月9日~10日

18.DNA損傷の可視化によるBNCT評価法の確立 ○吉川智裕、中村浩之、吉田佳世、森田隆、増永慎一郎、小野公二、京都大学原子炉実験所、平成16年度専門研究会、大阪、2005年2月9日~10日

17.Design and Synthesis of Tumor-Targeting Boron Molecules 中村浩之、Academia Sinica、招待講演、Taipei (台湾)、2005年1月25日

16.Chemllistry of Bis-π-allylpaadium for Organic Synthesis 中村浩之、Academia Sinica、招待講演、Taipei (台湾)、2005年1月26日

15.分子内水素結合を利用した偽環状化合物EGFR-PTK阻害剤の開発 浅野亨、○臼井大晃、山本浩嗣、上原至雅、中村浩之、第23回メディシナルケミストリーシンポジウム、つくば、2004年11月24日~26日

14.ホウ素の特性を活かしたチューブリン重合阻害剤の開発 ○黒田寛和、斉藤宏幸、芳賀達也、中村浩之、第23回メディシナルケミストリーシンポジウム、つくば、2004年11月24日~26日

13.EGFRおよびv-Srcチロシンキナーゼ阻害を指向したベンズアミド・ベンズアミジン誘導体の合成と構造活性相関 ○中村浩之、浅野亨、吉川智裕、山本浩嗣、上原至雅、第32回構造活性相関シンポジウム、つく ば、2004年11月30日~12月1日

12.チロシンキナーゼ阻害剤の開発-有機合成研究室におけるDSモデリング 中村浩之、宮崎大学シンポジウム「自然共生のためのコンピューターサイエンスの役割~物質・生命・環境への展開~」、招待講演、宮崎、2004年10月28日

11.プロパルギルアミンをアレニルアニオン等価体としたパラジウム触媒下水素移動反応によるアレン合成 ○中村浩之、蒲倉貴耶、石倉誠、田代智史、J. F. Biellmann、第51回有機金属化学討論会、東京、2004年 10月22日~23日

10.プロパルギルアミンのパラジウム触媒下水素移動反応を用いたアレニルへテロ環化合物の合成 ○小名木信耶、中村浩之、第51回有機金属化学討論会、東京、2004年10月22日~23日

9.Synthesis and In Vivo Evaluation of BPA-Gd-DTPA Complex as an MRI ContrastAgent and as a Carrier for Neutron Capture TherapyK. Takahashi, H. Nakamura, S. Furumoto, K. Yamamoto, A. Matsumura, ○H. Fukuda,Y. Yamamoto, 11th World Congress on Neutron Capture Therapy, Boston(USA) 、2004年10月10日~15日

8.Synthesis and Vesicle Formation of a nido-Carborane Cluster Lipid: Applicationto Boron Delivery System for BNCT○H. Nakamura, Y. Miyajima, T. Takei, S. Kasaoka, K. Maruyama, 11thWorld Congress on Neutron Capture Therapy, Boston (USA) 、2004年10月10日~15日

7.パラジウム触媒化学とホウ素元素を医薬素材とした創薬アプローチ 中村浩之、大塚製薬、招待講演、徳島、2004年10月7日

6.Functional Genomics of Tissue-nonspecific Alkaline Phosphatase ○ M. Goseki-Sone, N. Sogabe, M. Fukushi-Irie, L. Mori, H. Orimo, T. Suzuki,H. Nakamura, H. Orimo, T. Hosoi, 26th Annual Meeting of the AmericanSociety for Bone and Mineral Research, Seattle (USA) 、2004年10月1日~5日

5.Design and Synthesis of Tumor-Seeking Boron Molecules for BNCT 中村浩之、Korea University、依頼講演、Chungnam (韓国)、2004年8月28日

4.Design and Synthesis of Tumor-Seeking Boron Molecules for BNCT 中村浩之、Korea Atomic Energy Research Institute、依頼講演、 Taejon (韓国)、2004 年8月30日

3.Synthesis of Allenes from Propargylic Amines via Palladium-Catalyzed HydrogenTransfer Reactions○中村浩之、蒲倉貴耶、石倉誠、J. F. Biellmann、第7回カルバニオン化学国際会議、Alicante、 Spain 、2004年7月7日~11日

2.有機合成研究室におけるDSモデリングの役割 中村浩之、アクセルリス(株)Japan User Forum、依頼講演、東京、2004年6月17日~6月18日

1.ホウ素イオンクラスター脂質の合成とベシクル化:ホウ素中性子捕捉治療のためのホウ素送達システムへの応用 ○中村浩之、宮島祐介、武井俊郎、笠井敏、丸山一雄、第13回DDSカンファレンス、静岡、2004年6 月12日

2003年度

16.パラジウム触媒を用いるプロパルギルアミン誘導体のアレニル化反応の開発 ○蒲倉貴耶、石倉誠、J. F. Biellmann、中村浩之、日本化学会第84回春季年会、西宮、2004年3月26日~3月29日

15.MRI造影効果を指向したパラボロノフェニルアラニン(BPA)-GD-DTPA複合体の合成と生物活性 ○高橋和範、中村浩之、山本嘉則、日本化学会第84回春季年会、西宮、2004年3月26日~3月29日/

 

14.ホウ素含有キナゾリン誘導体の合成および生物活性評価 ○山本浩嗣、中村浩之、日本化学会第84回春季年会、西宮、2004年3月26日~3月29日

13.EGFRチロシンキナーゼ阻害活性におけるピリミジン環の必要性 ○浅野亨、吉川智裕、中村浩之、山本嘉則、日本化学会第84回春季年会、西宮、2004年3月26日~3月29日

12.ホウ素イオンクラスター脂質の合成とリポソーム化 ○宮島祐介、武井俊郎、中村浩之、笠井敏、丸山一雄、日本化学会第84回春季年会、西宮、2004年3月26日~3月29日

11.ホウ素の特性を活かした創薬アプローチと中性子捕捉治療 中村浩之、京都大学原子炉実験所、依頼講演、大阪、2003年12月8日

10.Design, Synthesis and Biological Evaluation of Boron Compounds for BNCT- Targeting from DNA to Proteins中村浩之、Korea Atomic Energy Research Institute、依 頼講演、Taejon (韓国)、2003年11月8日

9.Design, Synthesis and Biological Evaluation of Boron Compounds for BNCT- Targeting from DNA to Proteins中村浩之、Korea University、依頼講演、 Chungnam (韓国)、2003年11月8日

8.Design, Synthesis and Biological Evaluation of Boron Compounds for BNCT- Targeting from DNA to Proteins中村浩之、Korea Cancer Center Hospital、依頼講演 、 Seoul (韓国)、2003年11月7日

7.Palladium-Catalyzed Allenylation Reaction of Propargylic Diisopropylamines ○蒲倉貴耶、中村浩之、第50回有機金属化学討論会、大阪、2003年9月28日~9月30日

6.ホウ素の特性を活かしたEGFR-PTK阻害剤の合成および阻害活性 浅野亨、第1回中性子捕捉療法研究会、京都、2003年8月30日~8月31日

5.ホウ素含有チューブリン重合阻害剤の開発 黒田寛和、第1回中性子捕捉療法研究会、京都、2003年8月30日~8月31日

4.ホウ素イオンクラスター脂質の合成とリポソーム化 中村浩之、第1回中性子捕捉療法研究会、京都、2003年8月30日~8月31日

3.Design, Synthesis, and Biological Evaluation of Aminoboronic Acids as GrowthFactor Receptor Inhibitors for EGFR and Flt-1 Tyrosine Kinases○中村浩之、浅野亨、山本嘉則、上原至雅、第19回国際 複素環化学国際会議、Fort Collins, USA(2003/8/10-15)

2.ホウ素元素の特性を活かした創薬アプローチ 中村浩之、日本薬学会東北支部主催 第2回有機化学若手研究者セミナー、招待講演、仙台、2003年7月12日

1.パラジウム触媒を用いた新規合成法の開発と中性子捕捉療法 中村浩之、協和発酵セミナー、招待講演、静岡、2003年6月12日

2002年度

11.パラジウム触媒を用いるCrabbe型アレニル化反応の開発 中村浩之、○蒲倉貴耶、日本化学会第83回春季年会、東京、2003年3月18日~3月21日

10.フルオラスメディアによるフェイズバニシング法:パラレル合成への応用 ○安田真治、松原浩、柳日謦、中村浩之、Dennis, P. Curran、日本化学会第83回春季年会、東京、2003年3月18日~3月21日

9.フッ素溶媒を液相膜に用いた反応制御法の開発-アルコールの臭素化および塩素化反応への応用 ○中村浩之、臼井大晃、黒田寛和、松原浩、柳日謦、 Dennis, P. Curran、 日本化学会第83回春季年会 、東京、 2003年3 月18日~3月21日

8.ホウ素の特性を活かしたEGFR-PTK阻害剤の合成および阻害活性 ○浅野亨、中村浩之、芳賀達也、山本嘉則、日本化学会第83回春季年会、東京、 2003年3月 18日~3月 21日

7.MRI造影剤Gd-DTPA 錯体への炭素-炭素結合による生理活性分子導入法の開発 ○高橋和範、中村浩之、山本嘉則、日本化学会第83回春季年会、東京、2003年3月18日~3月21日

6.ホウ素元素を導入した新しい酵素阻害剤の開発に関する研究 ○中村浩之、浅野亨、山本嘉則、上原至雅、京都大学原子炉実験所、平成14年度専門研究会、大阪、2003年3月4日~3月5日

5.Synthesis and Biological Evaluation of Boron Containing EGFR Protein  tyrosineKinase Inhibitors○中村浩之、浅野亨、合田未央、山本浩嗣、山本嘉則、第11回ホウ素化学国際会議、Moscow, Russia( 2002/7/28-8/2)

4.中性子捕捉療法とビス-π-アリルパラジウム化学 -触媒反応の新規開拓と応用、そして境界領域化学への挑戦- 中村浩之、和光純薬セミナー、依頼講演、東京 、2002年5月28日

3.ホウ素中性子捕捉療法照射技術研究会 依頼講演 日本原子力研究所、東海村、2000年3月13日

2.第2回ホウ素中性子捕捉療法夏のワークショップ、依頼講演、川渡、1999年8月26日〜8月27日

1.日本化学会第76回春季年会、 受賞講演、横浜、1999年3月29日/

 

  • 進路先
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 東京工業大学
  • 化学生命科学研究所
  • 科学技術創成研究院
  • ライフエンジニアリングコース
  • 生命理工学コース
  • 物質電子化学
  • 生命理工学院
  • 関連学会LINK
  • 中性子捕捉療法学会事務局
  • PAGETOP
    Copyright © Nakamura_Fuse Group All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.